レオン・ライ、純愛名作「ラヴソング」の悪ノリパロディー最新CMが大人気―香港

Record China    2017年5月14日(日) 11時50分

拡大

13日、歌手で俳優のレオン・ライがコーヒー飲料の最新広告で、映画「ラヴソング」のパロディーを披露している。

(1 / 2 枚)

2017年5月13日、歌手で俳優のレオン・ライ(黎明)がコーヒー飲料の最新広告で、映画「ラヴソング」のパロディーを披露している。明報が伝えた。

その他の写真

昨年、コーヒー飲料のCMでとぼけたサラリーマン役を演じて話題になったレオン・ライ。その最新バージョンが12日に解禁された。このCMでレオン・ライは、ベトナムの伝統的な麦わら帽子をかぶって登場し、同僚にも同じ帽子をかぶせて自転車の後ろに乗せ、さらに自分の腰に手を回すよう命令している。

2人乗りの自転車という構図は、1996年に公開されて大ヒットしたラブロマンス映画「ラヴソング」のワンシーンを思わせるものだ。この映画ではレオン・ライが、相手役の女優マギー・チャン(張曼玉)を自転車の後ろに乗せて、軽やかに走るという印象的なシーンがある。

この悪ノリパロディーに加え、CMの中でレオン・ライが歌う曲は、かつてのヒット曲「対不起我愛[イ尓]」にふざけた歌詞をつけたもの。このCMがフェイスブック上で解禁されると一気に注目を集め、わずか2時間足らずで35万人を超えるユーザーが「いいね」をつけている。(翻訳・編集/Mathilda

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携