Record China

ヘッドライン:

ザリガニが増えて困っていた阿寒湖でザリガニ料理の提供が始まる=「中国人に任せれば、あっという間に保護生物に変わる」―中国ネット

配信日時:2018年5月26日(土) 23時10分
拡大
25日、新京報は、北海道阿寒湖ではザリガニが増え過ぎて困っていたが、最近では料理として出されるようになったと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は中国のザリガニ料理。

2018年5月25日、新京報は、北海道阿寒湖ではザリガニが増え過ぎて困っていたが、最近では料理として出されるようになったと伝えた。

記事は、5月24日に日本テレビの番組で、北海道阿寒湖で捕れるザリガニが今、食材として観光客などの人気を集めていると報道されたことを紹介。外来種のウチダザリガニは、マリモを食べてしまうなどの被害があるため、漁師がザリガニを捕って駆除しており、以前は捨てていたものを、最近では料理として提供するようになっているという。

湖畔の食堂で塩ゆでや天丼として提供されているほか、湖のそばの温泉街ではカルボナーラの上に真っ赤なザリガニを乗せて提供する店があったり、横浜市のレストランでも様々なザリガニ料理を提供したりしていると紹介した。

中国では夏の風物詩となっているほどザリガニ料理の人気が高いが、これを見た中国のネットユーザーから、「見ているだけでお腹が空いてくるね」「航空チケットをくれれば、私が食べるのを手伝うけど」などのコメントが寄せられた。

また、「とっても減らないってどういうこと?中国では養殖しているというのに」「中国人に任せれば、あっという間に保護生物に変わるよ」という意見や、「塩ゆではおいしくなさそうだ」というユーザーもいた。(翻訳・編集/山中)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

中国の夏の風物詩「ザリガニ料理」は超高カロリー、ハーフマラソンでやっと消費できるレベル=「それでもやっぱり食べてしまう」―中国ネット

5日、中国の動画サイト梨視頻は微博上で、中国で人気のザリガニ料理のカロリーについて紹介する動画を配信した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はザリガニ料理。

Record China
2018年5月10日 8時20分
続きを読む

ランキング