Record China

ヘッドライン:

中国製造業の象徴・高速鉄道に続く「名刺」はこれだ―中国メディア

配信日時:2020年7月9日(木) 7時20分
拡大
8日、BWC中文網は、中国が高速鉄道に続く自国の技術力を示す「名刺」を次々と生み出しているとする記事を掲載した。写真はC919。

2020年7月8日、BWC中文網は、中国が高速鉄道に続く自国の技術力を示す「名刺」を次々と生み出しているとする記事を掲載した。

記事は、現在中国のハイエンド製造業の世界進出を最も象徴するものは「間違いなく高速鉄道だ」とし、海外からは「中国の新4大発明の1つだ」などと称されていると紹介した。

そして、高速鉄道のほかにも、世界への輸出を進める国産原子炉「華龍1号」、国産ナローボディ旅客機C919、そして高速鉄道よりさらに高い規格を持つ「スーパー高速鉄道」の開発を挙げ、高速鉄道と合わせて四つの「名刺」を持とうとしていると伝えた。

また、世界において従来のエネルギーから新しいエネルギーへと世代交代が進み、各国が新たなエネルギー利用技術の開発に取り組む中で、中国の科学者やエンジニアたちが人工太陽の技術を世界先進レベルにまで高めていると紹介。これを中国の技術力を世界にPRする5枚目の「名刺」とした。

さらに、中国が研究開発した新たな技術や装備が世界のインフラ建設現場で当たり前のように見られる光景になっているとし、「世界に『中国印』のインフラを広めるために日々勤しんでいる中国の労働者やエンジニア」たちが現代中国にとっての6枚目の「名刺」だと紹介している。(翻訳・編集/川尻

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング