「中国は恐ろしい国だと思っていましたが…」=日本人の中国観を変えた人物―中国メディア

配信日時:2019年10月4日(金) 11時20分
「中国は恐ろしい国だと…」=日本人の中国観を変えた人物―中国メディア
画像ID  561891
2日、中国メディア・人民網は、日本で20年近くにわたって中国の書道を広めている李銀山氏について、「書道を通して日本人の中国観を変えた」と紹介した。写真は西安の駅。
2日、中国メディア・人民網は、清代の書道家・張裕●(ジャン・ユージャオ。●=金へんにりっとう)直系の第5代弟子で、日本で20年近くにわたって中国の書道を広めている李銀山(リー・インシャン)氏について、「書道を通して日本人の中国観を変えた」と紹介した。

文章の筆者は、「中国に起源を持つ書道は世界各国で愛されている。中でも日本は中国の書道に対して特別な感情を抱いており、多くの人がそれを学んでいる」と紹介。東京都大田区で今月1~6日にかけて開催されている「第一回張裕●書体作品展」会場での、李銀山氏の教え子らとの出会いについて振り返った。

かつて李銀山氏の書道教室に通い、同氏と中国へ旅行したこともあるという岐阜県在住の92歳の男性は、「ずっと中国は恐ろしい国だと思っていましたが、行ってみると全くそんなことはないと気付きました。それどころかとても素晴らしかった。銀山先生はわれわれを西安や、先生の故郷の邯鄲(かんたん)に連れて行ってくれました。西安では壮大な兵馬俑坑や、楊貴妃が浸かったという華清池を見ましたし、邯鄲では自然を楽しみ、現地の書道愛好家とも交流できました。本当に良かったので、また行きたいと心から思っています」などと語ったという。

その男性以外にも、会場で書道をきっかけに中国を好きになったという何人もの李銀山氏の教え子に出会ったといい、「書道にこれほどの力があるとは」と驚いたという。

筆者はさらに、「李銀山氏は今後、日本各地に18カ所の教室を開いて張裕●の書道について教える予定」と紹介したほか、「日本には書道を教える活動が数多くある。中でも、中国人が主催する書道教室は中国の書道と漢字文化をさらに広めているだけでなく、多くの日本人の中国観を変えることにもつながっている」と伝えた。(翻訳・編集/岩谷)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2019/10/05 11:24)

    国も結局のところ人の集合体だからね。 トップが恐ろしい人物なら恐ろしい国にもなるだろうが、そんな国でも民間では善意の小市民が大多数を占める。どこの国でも同じだと思うけどね。 北朝鮮だって、下層の人は将軍家を恐れながらビクビク暮らしてるらしい。将軍家が在るから手先みたいな事もするだろうが、将軍家が無ければ旅行者にも親切に接する人が多いんじゃないかね。 まあ、ガチでマインドコントロールを受けちゃってるような人はその限りじゃないだろうけど。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 丹陽***** | (2019/10/04 12:42)

    >中国人が主催する書道教室は中国の書道と漢字文化をさらに広めているだけでなく、 なら日本じゃなく漢字を捨てたベトナムや北朝鮮、韓国に行きなよ 元々日本で漢字は更なる進化を遂げ日本独自の漢字文化として花開いたんだから 今更中国の書道家が来たところで漢字の歴史のおさらい又は逆行にしかならんでしょ 1910-23
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hoo***** | (2019/10/04 12:19)

    書道で変るのは洗脳されやすいレベル。^^日本の書道は歴史が有る最近の中国がどうかの判断基準では無い。チベット、ウィグル、・・・香港、怖い怖い^^
    このコメントは非表示に設定されています。
    13 3

最新ニュースはこちら

SNS話題記事