香港映画全盛期の女性スター、セクシー女神チンミー・ヤウが人気トップ―台湾メディア

配信日時:2017年5月3日(水) 22時0分
香港映画全盛期の女性スター、セクシー女神チンミー・ヤウが人気1位
画像ID  561857
2日、1980〜90年代に活躍した「香港映画界の女神スター10人」を選ぶランキングで、セクシーさで世の男性を魅了したチンミー・ヤウが1位となった。メイン写真はチンミー・ヤウ(15年撮影)。
2017年5月2日、1980〜90年代に活躍した「香港映画界の女神スター10人」を選ぶランキングで、セクシーさで世の男性を魅了したチンミー・ヤウ(邱淑貞)が1位となった。聯合報が伝えた。

その他の写真

香港映画界が隆盛を誇った80〜90年代に、銀幕を飾った人気女優たちについてこのほど、台湾のネット調査サイト「DailyView網路温度計」が発表した。この「香港映画界の女神スター10人」ランキングで堂々1位となったのは、セクシーな魅力で人気を誇ったチンミー・ヤウだった。

チンミー・ヤウは「ミス香港」コンテストで注目されたのち、88年に女優デビュー。92年からセクシー路線に変更し、娯楽映画の名手バリー・ウォン(王晶)監督の御用達女優として活躍した。98年の主演映画を最後に、実業家と結婚して引退したが、今もその人気は根強い。

2位はチャウ・シンチー(周星馳)の人気映画「チャイニーズ・オデッセイ」で演じた「紫霞仙子」がハマリ役として知られるアテナ・チウ(朱茵)。3位は映画「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」シリーズで、かつて日本でも絶大な人気を獲得したジョイ・ウォン(王祖賢)だった。

4位から10位に登場したのは、チョン・マン(張敏)、マギー・チャン(張曼玉)、ロザムンド・クアン(関之琳)、ロレッタ・リー(李麗珍)、ビビアン・チョウ(周慧敏)、ジジ・ライ(黎姿)、カレン・モク(莫文蔚)の順となっている。(翻訳・編集/Mathilda
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<