Record China

ヘッドライン:

韓国車の米国での人気が急落、主力車種の販売も1年で半分に激減=韓国ネットには「自業自得」と厳しい声

配信日時:2017年8月5日(土) 10時0分
拡大
3日、韓国経済新聞によると、韓国の自動車大手・現代と傘下の起亜自動車の7月の米国での販売が、前年同期比で20%近く減少した。減少は7カ月連続となる。写真は韓国の現代自動車販売店。

2017年8月3日、韓国経済新聞によると、韓国の自動車大手・現代(ヒュンダイ)と傘下の起亜(キア)自動車の7月の米国での販売が、前年同期比で20%近く減少した。減少は7カ月連続となる。

米国を代表する自動車専門誌「Automotive News」などによると、現代・起亜車の7月の米国内販売台数は前年同月比18.2%減の11万466台。内訳は、現代車が27.9%減の5万4063台、起亜車が5.9%減の5万6403台だった。

米国市場全体の販売台数も141万台余りと前年同期比で6.9%減少しており、ゼネラルモーターズ(GM)は15.4%減、フォードは7.4%減、フィアット・クライスラーは10.3%減など、米ビッグ3も苦戦しているが、現代・起亜車がより厳しい状況であることが分かる。

現代・起亜では特に、主力車種の不振が目立つ。現代の主力セダン「ソナタ」の販売数は1万648台で、前年同期比で48.4%減少した。小型クロスオーバーSUV「ツーソン」は1万1257台(同45.7%増)で歴代最多販売記録を立てたものの、他の車種はすべて販売量が減少した。起亜は準中型セダン「K3」が16.7%増の1万2022台と善戦したが、他の車種は振るわなかった。

現代・起亜自は販売減の原因として、収益性の低い「フリート販売(レンタカー業者などへの販売)」を減らしている点を挙げた。同社の関係者は「フリート販売比率が昨年7月の半分以下となる10%を下回る水準になった」とし、「目先の販売量は減少したが、中古車残存価値の維持に役立つため、長期的にはプラスの効果がある」と説明した。

これについて韓国のネットユーザーからは寄せられた声をみると、販売低迷について、過激なストライキを繰り返し他社との競争力を失わせた労働組合が原因とする意見が大勢のようだ。コメント欄には、「自業自得だ」「会社がこんな状態でも組合員は裕福な暮らしをしている」「組合も責任を取れ」「組合のせいで会社の競争力が奪われている」「こんな状態でも、組合はストをやめない」「販売実績が上がろうが下がろうが、組合員の給与だけは上がり続ける」など、組合への厳しい意見が並んだ。(翻訳・編集/三田)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

たった1回の不買で立ち直れない韓国車、不買すればするほど売れる日本車、この違いは何?―中国ネット

18日、中国のポータルサイト・今日頭条が、韓国車はたった1回の不買運動で売れなくなるのに対し、日本車は不買運動するほど売れる理由について分析する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2017年7月19日 5時30分
続きを読む

トヨタを超えた?韓国現代自動車が水素燃料電池車の核心的技術を開発=韓国ネット「こんな日が来るなんて!」「まだまだ先は長い」

10日、韓国メディアによると、韓国の現代自動車が水素燃料電池車の核心的技術を確保した。水素燃料電池車の最大の弱点である「高い価格」を大幅に下げられると期待されている。写真は現代自動車の販売店。

Record China
2017年7月11日 18時40分
続きを読む

米国市民らが韓国現代自動車を相手に集団訴訟を提起=韓国ネット「いつかこうなると思っていた」「今回も運転手のせいに?」

19日、韓国メディアによると、韓国の現代自動車が米国で、ステアリング装置の欠陥疑惑をめぐって集団訴訟を起こされたことが分かった。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真は現代自動車の販売店。

Record China
2017年6月20日 7時20分
続きを読む

ランキング