Record China

ヘッドライン:

米国が再び北朝鮮を「テロ支援国家」に、中国ネットの反応は?

配信日時:2017年11月21日(火) 14時0分
拡大
21日、米国が再び北朝鮮をテロ支援国家に指定したとの報道に、中国のネットユーザーが反応を示している。写真は平壌。

2017年11月21日、米国が再び北朝鮮をテロ支援国家に指定したとの報道に、中国のネットユーザーが反応を示している。

報道によると、トランプ米大統領は20日、北朝鮮を「テロ支援国家」に再指定することを発表し、「もっと早く行うべきだった」と述べた。21日には追加制裁の内容が発表されるという。米国が北朝鮮をテロ支援国家に指定するのは9年ぶりのことだ。米国は1988年に北朝鮮をテロ支援国家に指定した後、2008年に当時のブッシュ政権が指定を解除していた。

この報道に、中国のネットユーザーからは「よくやった」「米国を支持、正義を支持」という声が上がる一方、「『米国の方こそ』って感じなんだけど」「あなたが言うことは全部正しい。誰も反対なんてできないさ」「世界最大のテロリズム輸出国はサウジアラビアなのに制裁を行わないのはなぜ?」「『テロリズム』って言葉は今の時代、使いたいように使うことができる」などのコメントも見られた。(翻訳・編集/野谷

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

意識を取り戻した韓国亡命の北朝鮮兵士、最初に発した言葉は…=韓国ネット「涙が出た」「世界平和の鍵は韓流アイドル?」

21日、韓国メディアは、南北境界の板門店の共同警備区域(JSA)で亡命する際に銃撃されて重体になり、その後意識を取り戻した北朝鮮兵士が初めて「ここは南側か。南韓(韓国)の歌が聴きたい」と話したと報じた。写真は板門店。

Record China
2017年11月21日 12時0分
続きを読む

北沈黙60日、金正恩氏に「健康危機」も?―米華字メディア

19日、米華字メディアの多維新聞によると、北朝鮮が9月15日に中距離弾道ミサイルを日本越しに発射して以来、軍事的挑発が60日余りも確認されていないことに関連し、英大衆紙デイリー・スターは金正恩氏の「健康危機」について伝えている。資料写真。

Record China
2017年11月20日 10時40分
続きを読む

ランキング