Record China

ヘッドライン:

トランプ米大統領、金正恩氏を「かなり頭の切れる男」―中国紙

配信日時:2017年5月1日(月) 23時0分
拡大
1日、環球時報(電子版)によると、トランプ米大統領は4月30日、米CBSテレビのインタビュー番組に出演し、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長について「かなり頭の切れる男だ」と語った。写真は北朝鮮。

2017年5月1日、環球時報(電子版)によると、トランプ米大統領は4月30日、米CBSテレビのインタビュー番組に出演し、北朝鮮金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長について「かなり頭の切れる男だ」と語った。

トランプ氏は番組で、北朝鮮が発射したミサイルを「小さい。いいミサイルではない」と表現。北朝鮮が核実験を継続するなら「喜べない」と述べた。金氏について「理知的化どうかは分からないが、かなり頭の切れる男だ」と語った。

トランプ氏はまた、北朝鮮が「長年続けてきた行為を続けさせるわけにはいかない」と主張。武力行使の可能性については「われわれは自らの行為のすべてを対外的に明らかにすべきではない。チェスの勝負だ。手の内を読まれたくはないということだ」と話した。

さらに、北朝鮮が将来的に弾道ミサイルの輸送システムを入手する可能性について「そのような状況を発生させてはならない」と述べた。(翻訳・編集/大宮)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

朝鮮半島危機、中国にはチャンス?打開の道筋つければ地域でリーダーシップ確立、対米関係では正念場にも

米国と北朝鮮が鋭く対立する朝鮮半島。カギを握るのは中国だ。危機打開の道筋をつけられれば、地域で名実ともにリーダーシップを確立できるが、同時に習近平指導部にとっては対米関係の正念場でもある。写真は中朝国境。

Record China
2017年4月15日 21時30分
続きを読む

金正男氏殺害、沈黙守る中国、北朝鮮への不快感隠し慎重に事態の推移見守る?

金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄・金正男氏殺害事件について、正男氏の後ろ盾だったとされる中国は沈黙を守っている。関与が強く疑われる北朝鮮への不快感を隠しながら、事態の推移を慎重に見守っているとみられる。写真はマレーシアの新聞。

Record China
2017年2月25日 6時0分
続きを読む

ランキング