Record China

ヘッドライン:

中国の有人潜水艇「蛟竜号」、南シナ海で観測開始―中国メディア

配信日時:2017年4月26日(水) 20時20分

中国の有人潜水艇「蛟竜号」と科学者が25日、南シナ海の作業海域に到着し、中国大洋第38次航海第2航行段階の科学観測を開始した。新華網が伝えた。

蛟竜号は26日に、南シナ海では今年初となる潜水作業を行う予定だ。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

南シナ海、日本メディア・研究者はかつて「中国領」と記載=大平外相も認める―東アジアに詳しい大学教授

朱建栄・東洋学園大教授は「日本の南シナ海問題研究のバイアス」と題した論考を提示。南シナ海の帰属問題について、かつて大平正芳外相推薦の世界地図やマスコミ報道で、「中国領」と記されていた事実を明らかにした。写真は南シナ海。

八牧浩行
2017年4月25日 5時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング