Record China

ヘッドライン:

中国のスマホが「一帯一路」沿線国で人気に、コスパの高さが秘訣―中国メディア

配信日時:2017年4月29日(土) 0時50分
拡大
阿里巴巴(アリババ)グループ傘下の阿里研究院は先ごろ、ニューメディア・DT財経と共同で、「オンラインシルクロードビッグデータ報告」を発表した。

阿里巴巴(アリババ)グループ傘下の阿里研究院は先ごろ、ニューメディア・DT財経と共同で、「オンラインシルクロードビッグデータ報告」を発表した。中国が「一帯一路(the belt and road)」構想を打ち出して以降、経済ビッグデータを通してオンラインシルクロードの全体図を描写した報告はこれが初となる。報告によると、「一帯一路」沿線国のうち、購買力が高い国上位5位はロシア、ウクライナ、イスラエル、ベラルーシ、ポーランド。最も人気の商品の種類は、スマホやスマホ部品、ファッションジュエリー、女性服、衣類・アクセサリー、ネイル用品だ。人民網が伝えた。

購買力トップのロシアを例に挙げると、ここ3年で、中国のスマホがロシアのスマホ販売量に占める割合は以前の3倍になった。2016年11月、ロシアのスマホ販売台数は約200万台で、中国の華為(ファーウェイ)及びその傘下ブランド「栄耀」のスマホが8.5%を占めた。同数字はアップルとサムスンに次ぐ数字。4位と5位も聯想(レノボ)7.4%、中興5.7%と続く。

これまで、ロシア人の中国製スマホに対するイメージは「安い」だった。しかし、今では多くの消費者が、中国の製品のクオリティが向上しており、値段の安さだけが取り柄でなく、機能も向上し続けていることを認識するようになっている。「第5世代通信方式(5G)対応スマホ」、「自撮りで顔がきれいに撮れるスマホ」などのニュースは、ロシアのサイトでもすぐに掲載される。中国のスマホはコストパフォーマンスが高いため、ロシアの消費者の中国のスマホブランドに対する信頼度も明らかに向上しており、サムスンやアップルの代わりに使う安いスマホではなく、一つのブランドと見なされるようになっている。

このように、中国のスマホは「一帯一路」沿線国の市場開拓に成功しているだけでなく、安くて質の高い商品として高い評価を受け、ブランド価値を高めている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国の漫画家が52年前に描いた未来予想図が当たり過ぎていると話題に=韓国ネット「スマホ登場を予想するとは」「漫画の中の人は幸せそうだが…」

21日、韓国の漫画家が1965年に2000年代の未来を予想し描いた漫画が、まるで予言書のようだと話題になっている。ネットでは、その先見の明への驚きと共に、未来の技術を手に入れたのに幸せを感じられない現実への深いため息のような声も聞こえる。写真はソウル。

Record China
2017年4月25日 11時10分
続きを読む

サムスン最新スマホにまた問題、今度はWi-Fiの接続不良=韓国ネット「テストをせずに発売したの?」「爆弾に比べればかわいいもの」

23日、韓国メディアによると、韓国・サムスン電子の最新スマートフォン「ギャラクシーS8」シリーズに無線LAN(Wi−Fi)の接続不良問題が発生し、購入者から苦情が相次いでいるという。写真はギャラクシーS8。

Record China
2017年4月24日 15時50分
続きを読む

サムスンが最新スマホ発売、「今のところ爆発してません」の報道に韓国ネットがツッコミ=「爆発しないスマホが自慢?」「今度は時限機能付きかも」

20日、サムスン電子のスマートフォン「ギャラクシーS8」が販売序盤で発火・爆発問題を起こしていないと韓国メディアが伝えたが、本来「当たり前」の報道内容に、韓国のネットユーザーから皮肉るコメントが多数寄せられている。写真はギャラクシーS8。

Record China
2017年4月21日 23時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング