Record China

ヘッドライン:

買ったばかりのiPhone7燃え上がる、女性が恐怖体験―中国

配信日時:2017年4月25日(火) 12時10分
拡大
中国江蘇省南京市で22日未明、買って間もないiPhone7Plusが発火するトラブルが発生した。

中国江蘇省南京市で22日未明、買って間もないiPhone7Plusが発火するトラブルが発生した。現代快報網が伝えた。

所有者の女性は当時寝ており、端末は枕の横に置き充電していた。異音と異臭により目を覚ました女性はすぐに端末をベッドの下に投げ捨て、数分間燃えた後自然に鎮火したという。

同端末は3月に正規店で購入したもので、これまで異常はなかった。女性の連絡を受け販売店の従業員は、「端末を預かり原因を調べる必要がある。端末の問題であれば新しいものと交換する」と回答している。iPhone7は昨年9月から中国で販売されており、これまでに発火したとの報告は受けていないと同従業員は語った。

店側は端末の問題であれば新品に交換するとしているが、女性は「新品に交換しても、発火しないとの保証がなければ不安は残る」と話している。(翻訳・編集/内山

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

赤いiPhone発売は中国への媚びか―中国メディア

22日、百度百家はITウォッチャー・小刀馬氏のコラム「赤いiPhoneは中国への媚びか」を掲載した。米アップル社はiPhoneの新たなカラーとして「プラダクト・レッド」を発表した。小刀馬氏は赤色好きの中国人に媚びたものではないかと指摘する。

Record China
2017年3月23日 14時50分
続きを読む

韓国サムスン、世界スマホ市場でアップルに1位の座を奪われる=韓国ネット「バッテリーが爆発したのによく2位にとどまったよ」

3日、韓国・アジア経済によると、韓国のサムスン電子が、発火・爆発問題で昨年10月に「ギャラクシーノート7」の販売を中止した影響で、世界のスマートフォン市場におけるシェア1位の座をアップルに奪われた。資料写真。

Record China
2017年4月5日 18時0分
続きを読む

3大スマホブランド、中国の支持者の特徴は?ファーウェイはエリート層、アップルは女性、サムスンは中小都市居住者―台湾メディア

1日、世界最大のスマホ市場の中国。ハイスペック端末では米アップル、韓国サムスン、中国ファーウェイの3ブランドが覇権争いを繰り広げている。中国の大手ポータルサイト、テンセント(騰訊)がこのほど行った調査から、各ブランドの支持者の特徴が見えてきた。資料写真。

Record China
2017年4月3日 22時40分
続きを読む

ランキング