Record China

ヘッドライン:

日本で合葬墓が人気=中国ネットは賛否両論「これはいい」「家族と一緒に埋葬されたほうが安心」

配信日時:2019年6月16日(日) 20時10分
拡大
14日、Vista看天下は、日本で最近、合葬墓が人気を集めていると伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

2019年6月14日、Vista看天下は、日本で最近、合葬墓が人気を集めていると伝えた。

記事は、「日本のある特殊な墓苑に多くの人が見学に訪れた。ここの墓苑は『合葬墓』で、遺体を火葬した後、遺骨を遺骨袋に入れ、上からロープでたらして納骨館に安置するようになっている。この納骨館は、深さ約2.4メートルで、ここの墓苑には8つの納骨館があり、最大で2万体を埋葬することができる。費用は約10万円。見学した高齢者は、『子どもに迷惑を掛けたくない』などと話している」と伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーから「これはいい。死んだら何を気にするというのだ?自分が死んだら遺骨は海でも川でもいいから遺灰をまいてほしい」「死んでしまえばどこに埋葬されようと関係ない」「私は大きな木の肥料になりたい」「墓で眠りたくないな。海がいい」などのコメントが寄せられた。

一方で、「死んだら故郷に埋めてほしい。自分が育った土地は静かでいい」「やっぱり家族と一緒に埋葬されたほうが安心だな」「でも私は狭い所が嫌いだから、やっぱり野外の墓がいい」などの意見もあり、どこに埋葬されるかにこだわる人も少なくないようだった。

他には「生きている時は人付き合いをしないのに、死んだらみんなと一緒になるのか」「いいことじゃないか。多い方がにぎやかだ」「生きている時は人に迷惑がかかることを恐れ、死んでも人に迷惑がかかることを恐れる。迷惑をかけることをずっと恐れるんだな」などのコメントもあった。(翻訳・編集/山中)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

これは理解不能!なぜ日本では住宅地に墓地があるのか?=「中国だったら掘り起こしてマンションを建てて売り物にする」―中国ネット

26日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本では住宅地の中に墓地があると紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は日本の墓地。

Record China
2017年6月27日 9時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング