Record China

ヘッドライン:

比ドゥテルテ大統領が南シナ海上陸断念、中国に島を売る可能性も?―米華字メディア

配信日時:2017年4月15日(土) 8時50分
拡大
フィリピンのドゥテルテ大統領は、中国との友好を尊重し、上陸を断念すると表明した。資料写真。

2017年4月13日、米華字メディア・多維新聞によると、フィリピンのドゥテルテ大統領は南シナ海パグアサ島上陸を断念した。島を中国に売却する可能性にも言及している。

ドゥテルテ大統領は6日、南シナ海・スプラトリー諸島(中国名は南沙諸島)でフィリピンが実効支配する中でも最大の島であるパグアサ島に国旗を立て、兵舎を建設する可能性について言及した。また、自身が南シナ海の島に上陸するとも発言した。

13日、サウジアラビアを訪問中のドゥテルテ大統領は中国との友好を尊重し、1週間前の発言を撤回すると表明した。ただし本人は行かずとも息子を南シナ海の島に上陸させる可能性はあるという。また、「将来フィリピンが極めて豊かになり、戦争のリスクがなくなった場合には、南シナ海の島しょを中国に売却することを検討する」とも発言している。(翻訳・編集/増田聡太郎

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

フィリピン政府、対中政策で分裂…接近を模索するドゥテルテ大統領、脅威とみなす国防官僚―香港メディア

27日、環球網は、フィリピンではドゥテルテ大統領が親中的な姿勢をみせる一方で、国防官僚は依然として中国を脅威と見なしているとする香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストの報道を伝えた。写真はドゥテルテ大統領。

Record China
2017年3月28日 18時50分
続きを読む

ドゥテルテ大統領、ドイツ人斬首事件を謝罪=中国に海上パトロール依頼したことを明かす―比華字紙

1日、フィリピンの華字紙・フィリピン商報によると、同国内でドイツ人が武装勢力に殺害された事件について、ドゥテルテ大統領が謝罪するとともに、中国にマラッカ海峡周辺のパトロールを依頼していたことを明かした。資料写真。

Record China
2017年3月1日 14時10分
続きを読む

ランキング