Record China

ヘッドライン:

日本の上陸作戦部隊は「敵ではない」と中国メディア、「人員・規模・訓練も不足」「装備の数と性能に差」

配信日時:2017年4月16日(日) 7時30分
拡大
中国メディアが陸上自衛隊に新設された上陸作戦部隊を取り上げ、「中国の敵ではない」との評価を下した。中国の海軍陸戦隊などと比較して「人員・規模・訓練も不足」「装備の数と性能に差」などとも強調している。

2017年4月14日、「中国の敵ではない」―。中国メディアが陸上自衛隊に新設された上陸作戦部隊を取り上げ、こんな評価を下した。中国の海軍陸戦隊などと比較して「人員・規模・訓練も不足」「装備の数と性能に差」などと強調。「日本側の取り組みは見栄えがいいが、実際には盲目的で短絡的な軍拡だ」と言及している。

「上陸作戦部隊」は来年3月末の編成に向け、3月27日に発足式が行われた陸自の「水陸機動団」を指す。水陸機動団は米海兵隊をモデルにした部隊で、長崎県佐世保市の相浦駐屯地の西部方面普通科連隊を中心に3000人規模で編成。中国による離島侵攻を念頭に、防衛・奪還作戦に必要な戦術・戦闘能力を獲得する。米海兵隊が使う水陸両用車「AAV7」が配備される。

防衛省によると、離島防衛の有事の際、AAV7は海上自衛隊佐世保基地(佐世保市)から「おおすみ」型輸送艦に搭載され、前線に運ばれる。陸自が佐賀空港(佐賀市)に配備予定の新型輸送機「オスプレイ」を投入する構想も進められているという。

中国網は香港紙・亜州時報(電子版)がこのほど掲載した記事を引用。「日本は上陸部隊の発足を大々的にアピールしているが、兵力はわずか3000人だ。自衛隊に頻繁に仮想敵とされている中国人民解放軍のうち、すでに3万〜4万人が上陸作戦訓練の参加経験を持つ」と述べ、中国と差を列挙した。

人員や規模については「水陸機動団は一度でせいぜい600人しか上陸作戦に投入できず、海外での人道支援、災害救助、合同演習などの危険の少ない軍事行動に適している」と指摘。「中国の上陸作戦部隊は、東中国海や南中国海で頻繁に実戦的な火力訓練を行っており、ロシアとも頻繁に海上演習を行っている」と誇示した。

装備や性能に関しても「自衛隊最大の艦艇『かが』や姉妹艦の『いずも』は改造後、F35B戦闘機を搭載できるため準空母と見なされているが、設計当初より対潜、艦隊指揮、固定翼機搭載といった多くの任務を付与された。設計者は2万トンの艦体に余りにも多くの設備を詰め込んでおり、上陸作戦に用いる装備のスペースを占めている」との見方を紹介。「中国はすでに071型大型揚陸艦4隻と多くの水陸両用車、上陸用舟艇を保有している。071型はトン数で『いずも』をやや下回るが、上陸作戦に特化している」としている。

その上で「中国軍側は上陸作戦部隊の潜在的な価値を深く理解しており、『能力の体系化、任務の多様化』を強調している」と力説。「中国の『一帯一路』(シルクロード経済ベルト、21世紀海上シルクロード)計画の推進に伴い、中国海軍陸戦隊と上陸作戦部隊は将来的に、ジブチやパキスタンの基地、その他の地域の港湾を通じ、インド洋さらには地中海に姿を現す可能性がある」と、うたい上げている。(編集/日向)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

北朝鮮外務省次官「米国が選択するなら戦争をする」、抗戦の意思明らかに=韓国ネット「常識が通じない者同士、力が強い方が勝つ」

14日、韓国・聯合ニュースによると、トランプ米大統領の圧力に対し、北朝鮮外務省次官が、抗戦の意志を明らかにした。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

Record China
2017年4月15日 13時30分
続きを読む

日本の高校が42年続いた韓国への修学旅行を初めて延期、半島情勢不安で=韓国ネット「不安をあおる日本」「地震が怖くて日本に行かないのと同じ」

13日、朝鮮半島の軍事的緊張の高まりを受け、40年以上1度も欠かすことなく修学旅行で韓国に訪れていた日本の高校が、今年度の修学旅行延期を決定した。写真は修学旅行で訪れる予定だった慶州・仏国寺。

Record China
2017年4月14日 16時40分
続きを読む

日本が朝鮮半島危機を「楽しんでいる」?韓国メディアがその理由を分析=韓国ネット「あまり韓国に関心持たないで」「歴史は繰り返させないぞ」

12日、昨今の北朝鮮情勢を受け日本外務省が韓国への渡航注意情報を出したことなどについて、韓国・SBSテレビは、日本政府が朝鮮半島の緊迫した状況を「楽しんでいるようだ」と伝えた。資料写真。

Record China
2017年4月13日 17時30分
続きを読む

ランキング