高級ブランド品市場急成長、消費シェア2015年には日本追い越す?―中国

配信日時:2008年4月7日(月) 16時27分
高級ブランド品市場急成長、消費シェア2015年には日本追い越す?―中国
画像ID  120208
4月7日の報道によると、中国は世界の高級ブランドの8割以上が進出しているなど市場が急成長、ブランド品消費大国への道を着実に歩んでおり、2015年には消費シェアで日本を追い越すと予測されている。
2008年4月7日、「市場報」がWorld Luxury Association(WLA)の発表として報道したところによると、中国は世界の高級ブランドの8割以上が進出しているなど、ブランド品消費大国への道を着実に歩んでいる。

その他の写真

それによると、中国人の高級品の消費シェアは2007年に全世界で18%を占めており、消費者の割合は総人口の13%。2015年には消費シェアは32%に達し、日本を追い越すと予測されている。

2007年のデータでは、中国に進出した高級ブランドの多くが販売額で2桁の成長を果たしており、国内の高級ブランド品市場が急速に成長しているのは明らか。現在、北京ビジネスセンター(CBD)の中心地区にはグッチやプラダ、ルイ・ヴィトンの旗艦店をはじめ、多くの高級ブランド店が立ち並んでいる。1997年に中国への進出を果たしたグッチは10年後の今、中国圏で35店舗を持ち、中国本土だけでもすでに18店舗を展開している。(翻訳・編集/岡田)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事