中国の4500メートル級有人潜水艇、国産化率が90%以上に―中国メディア

配信日時:2017年4月13日(木) 10時10分
中国の4500メートル級有人潜水艇、国産化率が90%以上に
画像ID  559120
中国初の有人潜水艇「蛟竜号」は2011年に水深5000メートル、2012年に水深7000メートルの潜水に成功し、現地の科学観測を行った。その後も中国の有人深海潜水の歩みはとどまることなく、4500メートル級有人潜水艇の自主開発を開始している。
中国初の有人潜水艇「蛟竜号」は2011年に水深5000メートル、2012年に水深7000メートルの潜水に成功し、現地の科学観測を行った。その後も中国の有人深海潜水の歩みはとどまることなく、4500メートル級有人潜水艇の自主開発を開始している。中央テレビ網が伝えた。

蛟竜号が水深7000メートルの海底を潜水できるにもかかわらず、なぜ中国は4500メートル級の有人潜水艇を開発しなければならないのだろうか。

外観を見ると、4500メートル級は蛟竜号とそれほど変わらないが、新型潜水艇には「中国の心」が埋め込まれている。専門家によると、蛟竜号の多くの部品は輸入品だが、今回の4500メートル級の重要部品は100%国産化を実現。全体的な国産化率も90%以上に達しているという。性能面でも、これまでの蛟竜号を大幅に上回る。例えば4500メートル級の有人モジュールには5つの観察窓があり、蛟竜号と比べ側面に2つの窓が増え、海底での視界がより良好になった。また、4500メートル級は従来のアルカリ電池の代わりにリチウム電池を採用し、電池の使用回数を50回から500回まで増やすことを実現している。(提供/人民網日本語版・編集/YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事