Record China

ヘッドライン:

中国初の国産空母、戦闘機J15の搭載数は「遼寧」から大幅増=23日にも進入―米メディア

配信日時:2017年4月11日(火) 6時50分
拡大
中国初の国産空母は、4月23日の海軍創立記念日に合わせて進入するとの見方があり、多方面から注目を集めている。中国の国産空母に関して米メディアでは搭載可能な戦闘機数を予測する報道も見られている。資料写真。

中国初の国産空母は、4月23日の海軍創立記念日に合わせて進入するとの見方があり、多方面から注目を集めている。中国の国産空母に関して米メディアでは搭載可能な戦闘機数を予測する報道も見られている。環球網が伝えた。

報道は中国メディアの報道を引用し、中国の空母「遼寧」はJ15(殲15)戦闘機を24機搭載できると紹介。さらに、現在建造中の国産空母は28〜36機のJ15を搭載できると伝え、「遼寧」の5割り増しと報じた。23日に進入の可能性もある中国国産の空母に関して、国防部の呉謙(ウー・チエン)報道官は先般の会見で、「非常に順調で、いつ進水するかについてはそんなに待たせることはない」と語っており、動向に注目が集まっている。(翻訳・編集/内山

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

国産空母の進水はいつ?「みんなをそんなには待たせない」との国防部に「それより住宅価格を下げてからにしてくれ」「俺とは関係ない」―中国ネット

31日、中国メディアの新華社が、中国国産空母の進水がいつになるのかについて、国防部が「みんなをそんなには待たせない」と回答したことを伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2017年3月31日 17時50分
続きを読む

ランキング