Record China

ヘッドライン:

知的財産を狙う中国のハッカー、各国が技術の流出を警戒―英紙

配信日時:2017年4月9日(日) 20時10分
拡大
7日、英紙タイムズは「知的財産を狙う中国のハッカー、各国が技術の流出を警戒」とする記事を掲載した。資料写真。

2017年4月7日、英紙タイムズは「知的財産を狙う中国のハッカー、各国が技術の流出を警戒」とする記事を掲載した。参考消息網が伝えた。

英国は今、中国のハッカー攻撃にさらされている。中国のハッカー集団はかつてない規模で、ネットを通じた世界的なスパイ活動を展開している。しかし、中国当局は我関せずだ。

タイムズは5日、中国のIT(情報技術)企業「APT10」がここ数カ月、大幅に「活動」を増やしていると伝えた。表向きはITサービスのアウトソーシング企業だが、裏の顔はネットを通じて数千の組織にアクセスし、知的財産権を奪い取るハッカー集団だ。英国立サイバーセキュリティーセンター(NCSC)や英航空企業などが「APT10」を追跡。NCSCは内外に「ロシア政府が支援するハッカー攻撃の規模を超え、過去最大級の攻撃を多くの機関に仕掛けている」と警告した。

「APT10」のターゲットは工業系メーカー、エンジニアリング企業、エネルギーや技術関連団体など。英国のほか日本、米国、フランスやスイスでも大量の設計図を盗み出しているという。手口はまず有害な電子メールを送りつけ、相手が開いた途端に攻撃を始めるもの。中国政府は「APT10」への関与を否定。「中国はいかなる方式でも商業情報の盗み出しには反対する」としている。(翻訳・編集/大宮)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国からのTHAAD報復にハッカーも動員?韓国軍へのサイバー攻撃急増=「やっていることをみたら、中国は大国じゃない」―韓国ネット

21日、韓国・東亜日報は、韓国国防部をはじめとする韓国軍のホームページ70カ所へのサイバー攻撃が行われていることが判明、在韓米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備決定に対する中国による報復とみられると伝えた。資料写真。

Record China
2017年3月22日 16時20分
続きを読む

日本の市長が「会いたかった」とハートマーク入りメッセージを市職員約60人に誤送信=中国ネットでは「中国の役人より100倍いい」と好評も

10日、中国メディアの国際在線が、宮崎県日南市の崎田恭平市長が8日、「会いたかった」などのメールを市職員約60人に誤送信したことについて謝罪したと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2017年3月10日 12時50分
続きを読む

ランキング