Record China

ヘッドライン:

北朝鮮国営メディア「米B−1B爆撃機が半月に5回も朝鮮半島に飛来」=韓国ネット「本当の戦争にならないか不安」

配信日時:2017年4月3日(月) 8時50分
拡大
1日、「死の白鳥」の異名を持つ米国の戦略爆撃機「B1−B」が、先月15〜30日の半月間に、朝鮮半島に5回にわたって飛来したことを北朝鮮が国営メディアを通して明らかにした。資料写真。

2017年4月1日、「死の白鳥」の異名を持つ米国の戦略爆撃機「B1−B」が、先月15〜30日の半月間に、朝鮮半島に5回にわたって飛来したことを北朝鮮が国営メディアを通して明らかにした。韓国・聯合ニュースなどが伝えた。

北朝鮮の国営放送・朝鮮中央通信は1日、「(米国が)3月15日から30日までの間に、グアム島に配備された核戦略爆撃機『B−1B』の編隊を5回にわたり延べ9機出撃させ、南朝鮮(韓国)上空でわれわれの重要な対象物を不意に攻撃するための核爆弾投下訓練に狂奔(きょうほん)した」と伝えた。続いて「特に3月28〜30日には毎日、『B−1B』核戦略爆撃機編隊を南朝鮮上空に展開し、われわれに対する夜間の核先制攻撃の訓練まで行った」とした。

北朝鮮報道の真偽に対するメディアからの問い合わせに、この事実を事前に公開していなかった韓国軍関係者は「『B−1B』が最近半月の間に5回出撃したのは事実」と述べ、報道内容を認めた。

「B1−B」は、「B−52」「B−2」と共に、米国の3大戦略爆撃機の一つで、「死の白鳥」と呼ばれている。最大速度マッハ1.2で、有事の際にはグアムの基地から2時間で朝鮮半島に飛来できる。また、一度の出撃で多くの爆弾を投下できる能力を備えていることから、北朝鮮は「B1−B」の朝鮮半島出撃に敏感に反応している。

この報道に対し、韓国のネットユーザーからは「先制攻撃しかない」「訓練じゃなくて、そのまま北朝鮮まで行って攻撃しろ」「北朝鮮はさぞかしびびっているだろうな」「北朝鮮よ、これが最後通告だ」「訓練の名目で何度も飛来しているけど、いつか本当の戦争にならないか不安だ」「北朝鮮を爆撃したら全面戦争になる。そうなったら再起不能だ」など、好意的に受け止める意見と不安視する声がともに出ている。

また、今回の「B1−B」飛来に関連して、次期大統領選に出馬を表明し、在韓米軍の撤退や高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備撤回を公言している「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)前代表に対し「在韓米軍のおかげで韓国が存続できる。そんな在韓米軍を撤退させようする文在寅は絶対に次期大統領になってはいけない」とするコメントもあった。(翻訳・編集/三田)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国で核武装論が再燃、朝鮮半島の非核化は有名無実に?=「中国も北朝鮮も持っている。韓国も持つべき」「米軍の核より独自の核開発を」―韓国ネット

5日、韓国・世界日報は、米国のトランプ政権が朝鮮半島への戦術核兵器の再配備を検討しているとする米ニューヨークタイムズ紙の報道を受け、韓国で核武装論をめぐる議論が再燃していると報じた。写真は南北境界の北緯38度線付近。

Record China
2017年3月7日 13時10分
続きを読む

<北朝鮮拉致>「たとえヤケドしても、実効ある解決策打ち出せ」、圧力だけの対応を批判=「米韓、融和へ動く」―飯島内閣官房参与

30日、飯島勲内閣官房参与は日本記者クラブで会見し、北朝鮮の御拉致問題に触れ、「北朝鮮の拉致問題解決へ、日本もこれまでと違った方策で取り組むべきだ。たとえヤケドしようと米国が動く前に、一日も早く手を出して解決してほしい」と提言した。

八牧浩行
2017年4月1日 5時20分
続きを読む

「全てのオプション検討」「核攻撃で焦土化」、朝鮮半島で米朝間の「チキンゲーム」始まる、米中の溝もくっきり

朝鮮半島で米国と北朝鮮が「チキンゲーム」を始めた。米国が「全てのオプションを検討」と言及すれば、北朝鮮は「核攻撃で焦土化」と対抗。北朝鮮に関する米国と中国の溝も改めて浮き彫りになった。写真は北朝鮮。

Record China
2017年3月26日 8時0分
続きを読む

ランキング