「2種類の本だけを売る書店」がオープン、着想は東京の書店―中国

人民網日本語版    2017年4月3日(月) 0時10分

拡大

浙江省杭州市で最近、2種類の本しか販売しないというユニークな本屋がオープンした。

(1 / 3 枚)

浙江省杭州市で最近、2種類の本しか販売しないというユニークな本屋がオープンした。その敷地面積は30平方メートルで、本棚には本のほか、野菜や果物が並んでいる。また、コーヒーなどの飲み物を提供するカウンターには6席がある。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

同ショップは、時間と販売数を限定して本を販売する書店。販売するのは2種類の本だけで、1週間に1度、本を入れ替えるという。

この店の店員は店長一人だけ。杭州では有名なバリスタで、2016年初めに家族と一緒に日本に旅行へ出かけた際、東京で「1冊の本を売る書店」を見て着想を得たという。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ブックカバーという日本文化―中国紙

人民網日本語版

2016/10/16

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携