Record China

ヘッドライン:

<サッカー>良い意味のつもりが侮辱行為に!?中国大使館がサポーターに「不使用」呼び掛けたジェスチャーとは?

配信日時:2017年3月29日(水) 22時20分
拡大
28日に行われたサッカーの2018年W杯ロシア大会アジア最終予選で、アウェーのイランに乗り込んだ中国サポーターに向けて、現地の中国大使館があるジェスチャーをしないよう呼び掛けていたことがわかった。写真は試合会場のアザディ・スタジアム。

28日に行われたサッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選で、アウェーのイランに乗り込んだ中国サポーターに向けて、現地の中国大使館があるジェスチャーをしないよう呼び掛けていたことがわかった。

駐イラン中国大使館は26日、公式ウェブサイト上で「2018年W杯アジア地区予選観戦の注意事項」を発表。その中に、「男子はタンクトップや短パンは禁止、女性はベールをかぶり肌の露出を控えること」といった項目と並び、「親指を立ててはいけない」という項目があり、注目を集めている。

親指を立てることは日本や米国を始め、多くの国で「グッド」「素晴らしい」といった意味で使われており、フェイスブックや中国人がよく利用する中国版ツイッター・微博(ウェイボー)でも、投稿への支持を表すマークとして親指を立てたアイコンが使用されている。しかし、イランやイラクなどの中東の国では挑発や侮辱行為と受け取られ、トラブルに発展しかねない。

これに対して、一部の中国ネットユーザーから「彼らが中国に来た時、われわれはターバンを外せと要求したことがあるか?」「じゃあ、中国に来たらブタ肉を食べるんだな?」など、からかい半分に揶揄(やゆ)するコメントが寄せられたが、多くは「宗教国家に行くのだから相手を尊重しなければ」「ほかの民族のタブーや宗教儀礼を尊重するのは最低限の礼儀だ」と理解を示すコメントだった。

なお、試合は1−0でイランが勝利。勝ち点を17に伸ばして首位をキープしたイランは、次戦にもW杯本大会出場が決まる。一方、中国は勝ち点5の5位で、本大会出場は厳しい状況となっている。(翻訳・編集/北田

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「韓国代表のホテルで爆竹を鳴らしましょう」、CCTVサッカー解説員の発言に批判殺到=「CCTVの素養ってこんなもんか」「日本のホテルで…」

日本の放射能汚染食品に関する報道で世間を騒がせた中国中央テレビが、またしても物議を醸している。今回問題となっているのは、サッカーのW杯ロシア大会のアジア最終予選の韓国戦を前にしたサッカー解説員の発言だ。写真は中国代表の試合。

Record China
2017年3月23日 13時20分
続きを読む

<サッカー>「日本のメッシ」15歳の久保建英、対戦する中国代表はどう防ぐ?―中国メディア

18日、捜狐体育は、サッカーのFCバルセロナ下部組織出身でU-20(20歳以下)日本代表の久保建英選手について「中国代表は15歳の『日本のメッシ』をどう防ぐ」と題する記事を掲載した。写真は久保選手がかつて所属していたFCバルセロナのエンブレム。

Record China
2017年3月20日 10時50分
続きを読む

ランキング