Record China

ヘッドライン:

日本でにわかにブームの「偽中国語」、中国で驚きの声

配信日時:2017年3月30日(木) 1時40分
拡大
28日、2017年3月28日、日本でネットユーザーの考え出した「偽中国語」がSNSでブームになっており、それが中国でも注目されている。

2017年3月28日、日本でネットユーザーの考え出した「偽中国語」がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)でブームになっており、それが中国でも注目されている。

日本語はもともと独自の文字言語を持たなかった。中国から導入した漢字と、漢字の草書体から生まれたひらがなやカタカナを混在させ、現在の日本語が形成されたが、古くは仮名文字がなかった時代の「万葉集」のように、すべて漢字で表記した歌集もあった。”

日本のツイッター上で流行っている偽中国語も、すべて漢字で表記され、語順は中国語とは異なるものの、中国語の「很寒冷」は「大変寒冷」(とても寒い)のように、日本人だけでなく、中国人にもおおよその意味が分かることから、偽中国語と呼ばれるようになったという。

偽中国語がネット上に現れたのは2009年ごろ。現在では、「偽中国語研究会」まで作られるほどの人気ぶりで、中国人の参加も少なくない。

偽中国語の「貴方明日何処行?」(あなたは明日どこに行きますか?)のような言い方には、中国のポータルサイト・百度(バイドゥ)でも、「まるで昔の文語文みたいだ!」と驚きとともに、好意的にも受け止められており、偽中国語が日中の民間交流に新たな可能性を生むかもしれないと記事は伝えている。(翻訳・編集/岡田)

【新型肺炎対策】
自宅に幼児がいる方向けの書籍をレコードチャイナが翻訳しました。
中国の専門家がQ&A形式で回答しています。
ぜひ周りの方に共有お願いします。記事はこちら

関連記事

台湾・蔡英文総統の日本語ツイート、中国で再び物議―中国メディア

24日、環球網は記事「蔡英文総統が日本語でツイート、再び話題に」を掲載した。以前にも「なぜ中国語で書き込まないのか」と中国本土ネットユーザーからの批判にさらされたが、今回の日本自民党議員関連のツイートも再び話題となっている。写真は台湾総統府。

Record China
2017年3月25日 19時10分
続きを読む

ランキング