Record China

ヘッドライン:

米国による国境調整税の導入で日系自動車メーカーは大打撃?―中国メディア

配信日時:2017年3月29日(水) 5時10分
拡大
28日、中国の金融情報サイト・中金網は、米国が国境調整税を導入した場合、日系自動車メーカーは大打撃を受けるかもしれないとする記事を掲載した。資料写真。

2017年3月28日、中国の金融情報サイト・中金網は、米国が国境調整税を導入した場合、日系自動車メーカーは大打撃を受けるかもしれないとする記事を掲載した。

27日にロイター通信が公表した調査結果によると、米国が導入する可能性のある国境調整税について、日本の自動車メーカーの半数以上が、税率20%となった場合に収益に大きな影響を及ぼすと考えていることが分かった。

ロイター通信の調査では、調査に応じた129社の製造業者のうち、51%の企業が収益に悪影響となると回答、そのうち自動車メーカーの比率が最も高く77%に達した。しかし、調査に応じた246社のサービス業を含む非製造業では、悪影響を受けると回答したのは36%の企業にすぎなかった。

共和党のポール・ライアン下院議員は、国境調整税を含む一連の保護主義政策を支持しているが、その趣旨は米国での投資を促進し、米国の製造業を復興させ、雇用を創出することにあると説明した。

また記事は、トランプ大統領は米国第一の号令の基に、日本の自動車貿易は不公平であり、トヨタを含む日本車メーカーは米国内に工場を建設して雇用を生み出すべきだと圧力をかけていると伝えた。

国境調整税が導入された場合、日本の製造業の輸出業者は28%の減益になると予測しており、自動車業界では80%の減益になると予測している。このため、日本の自動車メーカーは米国での生産と仕入れを考慮せざるを得なくなっていると記事は伝えた。(翻訳・編集/山中)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

トランプ氏の過激な外交貿易政策、甚大なリスク招く=米国のトップ500社の収入の3分の1は外国での販売に依拠―米国専門家

トランプ大統領が就任して20日経過したが、米国事情に詳しい米専門家は同大統領の外交貿易政策について「トランプ氏の過激な政策は、各国から前例のない構造的な反発を招く」と指摘。米国にとって大きなリスク要因となると警告した。写真はトランプ大統領就任式。

八牧浩行
2017年2月9日 5時20分
続きを読む

トランプ大統領の日本批判にさすがの日本も怒った!?「親子が反目しあっているだけ」「トランプ氏のことを誤解していた」―中国ネット

26日、中国紙・環球時報はトランプ大統領が日本との自動車貿易は不公平だと批判したことに対し、日本からは怒りの声が上がっていると伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

Record China
2017年1月26日 15時10分
続きを読む

ランキング