爆笑必至!漢字が生む日本人と中国人の誤解―香港メディア

配信日時:2018年7月6日(金) 18時20分
爆笑必至!漢字が生む日本人と中国人の誤解―香港メディア
画像ID  557116
文匯報は6月28日、「日本の漢字を見たまんま受け取ってはいけない」と題した記事を掲載。同じ漢字でも日本と中国で違った意味で使われることもあると指摘している。写真は中国の本屋。
香港メディア・文匯報は6月28日、「日本の漢字を見たまんま受け取ってはいけない」と題した記事を掲載。同じ漢字でも日本と中国で違った意味で使われることもあると指摘している。以下はその概要。

日中の漢字で異なる意味として使われている例として「油断一秒、怪我(けが)一生」がある。これは日本の工場などでよく見られる注意喚起の標語だが、この標語に中国視察団が困惑したという話を聞いたことがある。「油断一秒、怪我一生」は中国語としても成立するのだが、意味は全く違う。「油断」は「油を断つ」という意味で、「怪我」は「自分を責める」という意味になる。つまり、日本の工場でよく見られる標語は中国語の意味にすると、「油を一秒断つ(途切れさせる)と、自分を一生責めることになる」という意味となり、これに視察団の面々が「油の配管は見当たらないし、なぜ油を断つと自分を責めるんだ?」という具合に首をかしげたという。

もう一つ例を挙げよう。ある日本企業のビジネスマンが中国に出張し、帰国前に中国側の担当者に手書きのメモを渡した。メモには「我上機嫌、毎度有難」と書かれていたという。中国側の対応に機嫌を良くし、毎度ありがとうと伝えたつもりだったが、中国の担当者は全然違う意味に捉えていた。中国の担当者は「上機嫌」を「上機」と「嫌」に分けて考えた。空港でお別れと言うこともあり、「上機」を「飛行機に乗る」と、「有難」は「毎度、難有り」と誤解した。つまり、「飛行機に乗るの嫌、毎回トラブルに巻き込まれる」という意味に捉えたのだ。その後通訳により誤解は解けたが、気まずかったという。

また、日中で共に使っている漢字でも意味が異なる字があり、「娘(むすめ※中国語で母親の意味)」「手紙(てがみ※中国語でトイレットペーパーの意味)」「愛人(あいじん※中国語で妻の意味)」は使い方を間違えると大変なことになってしまう。

日本は漢字を多く使う国の一つであり、中国語の漢字と同じ意味で使われている漢字とそうでない漢字が混在している。中国では、日本語は漢字を多く使っていることから「中国人にとって日本語は簡単」と考える人がいるが、日本語を勉強したことがある人は「笑って勉強を始め、泣きを見る」ということをよくわかっているはずだ。(翻訳・編集/内山
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • めん***** | (2018/07/09 16:18)

    「絆」や「贄」も日本と真逆。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 774***** | (2018/07/07 10:50)

    語源ぐらい調べたらと思う。自分の国の昔が起源なのだから。 油断は「油をこぼすと殺されるよ」から来た言葉。  大般涅槃経  「王勅一臣、持一油鉢経由中過、莫令傾覆、若棄一滯、当断汝命」 油は高価。西洋ではクジラの脳から搾り取った油を夜間照明に使っていた。そのために大西洋でクジラを取り尽くし千隻の捕鯨船が太平洋にやって来て数千人の船員の休養補給基地としてペリーが開国を迫る。このときの不平等条約改定の為に日本は必死になって軍備を強化し結局は大東亜戦争になった。原因は油。それほど油は重要だったから、一滴でもこぼすと命で償わされた。 紙も大事だったから手に持つ紙は手紙になった。手紙がトイレットペーパーになってる中国の文化の浅さは悲惨。少しは自国の歴史と文化を大事にしたらどうか。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事