東方航空で操縦士がスト?=欠航や遅延相次ぐ、会社は天候が原因と説明――雲南省

Record China    2008年4月1日(火) 20時27分

拡大

31日、東方航空で多数の便が欠航した。同航空は利用者に対し「天候のため」と説明しているが、多数の操縦士がストライキを起こしていることが原因と伝えられている。写真は東方航空の客室乗務員。

(1 / 4 枚)

2008年4月1日、南方都市報によれば、中国東方航空で多数の便が欠航になっている。31日、東方航空雲南分社で14便が目的地を目の前にしながら突如昆明空港へ引き返すなどにより、他の多くの便でも遅延が発生。旅客が払い戻しや振り替えを求め、空港がごった返している。

その他の写真

中国東方航空は、欠航や遅延は「天気の影響によるもの」と説明しているが、ある旅客によれば、原因は操縦士がストライキを起こしており、飛行機を動かせない状態だという。昆明空港に掲示されている“ダイヤ情報”には、操縦士の名前が書き換えられた跡があり、ある操縦士によれば、「誰も飛ぼうとしない」という。

東方航空のある職員によれば、数日前、空港や操縦士の宿舎にある“掲示”が張り出された。掲示には操縦士の待遇の低さや非人道的な処遇や、ある操縦士の処遇に関する賠償問題などが書かれ、ストライキへの協力が訴えられていた。

空港職員によれば、毎年春と秋にいくつかの航空会社で天気を原因とする欠航や遅延が起こることもあるという。(翻訳・編集/岡田)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携