Record China

ヘッドライン:

すごい勢いで消えゆく韓流、バラエティー番組もタイトル変更「臭い物にフタ」―中国

配信日時:2017年3月24日(金) 12時10分
拡大
23日、韓流禁止令の影響が著しい中国で、テレビ界でも韓流と距離を置く姿勢が目立ってきている。写真は「我們十七歳」。
(1/2枚)

2017年3月23日、韓流禁止令の影響が著しい中国で、テレビ界でも韓流と距離を置く姿勢が目立ってきている。捜狐が伝えた。

その他の写真

中国では数年前から、人気タレントを起用したリアリティー番組が大ブームに。その火付け役となったのが韓国のバラエティー番組で、中国のテレビ各局はフォーマット権を争って入手し、リメーク番組を大量に送り出してきた。

しかし、在韓米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備をめぐり、中韓関係が一気に悪化。配備への報復措置として、中国市場から韓流コンテンツを締め出す韓流禁止令が吹き荒れ、すでに多くの韓流タレントやテレビ番組が中国市場から姿を消している。

中国のテレビ各局も、韓流と距離を置く姿勢が顕著になっている。リメーク番組も次々に、タイトルや内容の一部を変えて生まれ変わる事態に。「私は歌手だ」の中国版「我是歌手」では、タイトルを「歌手」に変更してシーズン5を放送中。「ランニングマン」は「キープランニング」とタイトルを替え、番組ロゴまで一新している。

リメーク以外のリアリティー番組でも、これまでは大金を支払って韓国人スタッフを招いてきたが、こちらも大きな変化が見られる。「二十四小時」のシーズン1には、「ランニングマン」のスタッフを招き入れていたが、放送中のシーズン2では姿を消している。「我們十七歳」でも、放送途中から韓国人スタッフが退出する騒ぎに。まさに「臭い物にふた」をするように、韓流色が一気に払拭(ふっしょく)されている。(翻訳・編集/Mathilda

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「さすが世界的スター」韓流アイドルJYJジェジュンの心遣いにタイのファンが涙=韓国ネットも称賛「韓国の名を高める姿」「だてにスターじゃない」

17日、韓国の人気アイドルグループ「JYJ」のジェジュンが、コンサートのため4年ぶりに訪れたタイで現地のファンを涙させたと韓国の芸能メディアなどが伝えた。写真はジェジュン。

Record China
2017年3月17日 17時20分
続きを読む

中韓THAAD摩擦に泣く韓国の中国人留学生「中国語を使うのも心配」=韓国ネット「全部中国のせい」「反中だからと暴力までは振るわないさ」

16日、韓国経済新聞によると、韓国の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に対する中国政府の報復で、韓国にいる中国人留学生も不便を感じていることが分かった。写真は中国人観光客が激減したソウル・明洞を取材する中国メディア。

Record China
2017年3月17日 20時0分
続きを読む

「朝から晩まで日本を滅ぼすだのなんだのと…」=日韓製品ボイコットにうんざりする中国人も―仏メディア

6日、RFI中国語版サイトは記事「日本製品も韓国製品もボイコット、なのになぜばかをボイコットしないのか?」を掲載した。繰り返される愛国主義運動にうんざりしている人も少なくない。写真はアパホテルに抗議する在日中国人。

Record China
2017年3月7日 17時0分
続きを読む

ランキング