Record China

ヘッドライン:

日本は撃沈された歴史を教訓とすべき=護衛艦「かが」の就役受け―中国外交部

配信日時:2017年3月24日(金) 12時10分
拡大
23日、中国外交部の公式サイトは、22日に海上自衛隊の護衛艦「かが」が就役したことについて同部の華春瑩報道官が「火の消えた軍国主義の灰が再び燃え出さないことを望む」と語ったことを伝えた。写真は華報道官。

2017年3月23日、中国外交部の公式サイトは、22日に海上自衛隊の護衛艦「かが」が就役したことについて同部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官が「火の消えた軍国主義の灰が再び燃え出さないこを望む」と語ったことを伝えた。

華報道官は23日の定例記者会見で記者から「海上自衛隊最大の空母型ヘリコプター搭載護衛艦『かが』が22日に就役し、セレモニーでは防衛政務官が『中国は島の埋め立てなどで南シナ海の現状改変を企図している』と発言した。『かが』は日本の海外への戦力投射強化を示すものだが、中国はこの件についてどう考えているか」との質問を受けた。

これに対して華報道官は「まず、日本は国際社会を代表できない。現在、中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)各国の協力により、南シナ海情勢は安定に向かっている。日本の一部の人間が波風を立たせようとしても、中国と周辺国は相手にしない」とした。

また「近年日本は絶えず『中国脅威論』に軍備拡張の口実を求めている。歴史的な理由により、国際社会、特にアジアの隣国は日本の軍事動向を注視し続けている。われわれには日本の動向や真の意図に対して強い警戒を保つ理由がある。私が言いたいのは、『加賀』は第2次世界大戦時に米軍によって撃沈されたということ。日本は歴史から教訓をくみ取るべきだ。われわれは『かが』の出現によって日本の軍国主義が火の消えた灰を再び燃やそうと企てないことを望む」と語った。

海上自衛隊の正式な艦船名はひらがな表記だが、ひらがなのない中国では旧日本海軍の空母「加賀」と同じ漢字で表記される。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

護衛艦「かが」就役の日本メディア報道に中国メディアが反論「日本メディアは大口をたたいている」=中国ネット「大言壮語なタイトルをつけたな」

23日、中国メディアの観察者網は22日に就役した海上自衛隊の護衛艦「かが」に関する日本メディアの報道を伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2017年3月23日 18時30分
続きを読む

<ボイス>日本の「かが」は海上のモンスター、「悪魔の軍艦」の魂がよみがえった

いずも型護衛艦の2番艦で、「いずも」と共に海上自衛隊最大の護衛艦である「かが」が22日に就役した。「かが」の就役に関しては「中国の潜水艇の対応を念頭に置いている」との見方もあり、中国ではさまざまな声が聞かれている。写真は旭日旗。

Record China
2017年3月23日 14時20分
続きを読む

海自の最新鋭護衛艦「いずも」、南シナ海とインド洋に長期派遣へ、「責任のある役割発揮を」と中国

海上自衛隊の最新鋭護衛艦「いずも」が5月から約3カ月間、南シナ海とインド洋に派遣される。南シナ海の軍事拠点化を進める中国をけん制する狙いとみられ、中国は「責任のある役割発揮を」などと警戒している。写真は「いずも」。

Record China
2017年3月17日 18時30分
続きを読む

護衛艦・あさひは中国版イージス艦に勝てるか?=「日本の艦艇は軽視できない」「中国にはこんなにも大きくて先進的な対潜駆逐艦はない」―中国ネット

13日、中国のポータルサイト・今日頭条が護衛艦・あさひについて紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2017年2月14日 6時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング