Record China

ヘッドライン:

今後15年間のアジア・インフラ需要、3千兆円=AIIB新規参入でも巨額資金不足―アジア開銀研シンポジウム

配信日時:2017年3月27日(月) 9時10分
拡大
アジア開発銀行(ADB)研究所は東京都内でシンポジウムを開催し、中国、韓国、インド、東南アジアなどアジア経済について討議した。ハッサンADBインフラ問題専門家が、アジアのインフラ需要報告書について説明した。写真はシンポジウム。

2017年3月23日、アジア開発銀行(ADB)研究所は東京都内でシンポジウムを開催し、中国、韓国、インド、東南アジアなどアジア経済について討議した。ハッサンADBインフラ問題専門家が、アジアのインフラ需要報告書について説明。2016年からの15年間で26兆ドル(約3000億円)、年間で1兆7000億ドルを超えるとの見通しを明らかにした。

このシンポジウムには、吉野直行ADB研究所長(慶応大名誉教授)のほか、日本人として初めてADBチーフエコノミストに就任した澤田康幸・前東京大経済学部教授、広田幸紀・国際協力機構(JICA)チーフエコノミストらが出席した。

アジアのインフラ需要報告書は、中国など東アジアや東南アジア、南アジアを含む45カ国・地域を対象に、必要なインフラ投資の規模を試算した。2016年からの15年間で26兆ドル、年間で1兆7000億ドルを超えると指摘した。前回の2009年時点の予測では10〜20年のインフラ需要は累計で8兆ドル、年あたり7500億ドルとしており、年間ベースで倍増した。アジア地域は世界で最も高い経済成長が続き、インフラ需要が急拡大していることがその背景となっている。

15年にADBなどの国際開発機関による支援がインフラ投資に占めた割合は約2.5%。ADBが100億ドル、世界銀行が66億ドルだった。16年に中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)が参入したが、初年度の融資額は17億ドルにとどまっており、これらの機関による支援だけでは不足分を埋めるのは困難という。

 

ADBは各国・地域が財政改革を進めて歳入を増やすほか、民間部門が担うことになると指摘。民間投資額を現在の年約630億ドルから16〜20年は年2500億ドルと4倍に増やす必要があるとしている。

 

シンポジウムでは、必要な巨額資金を各国、ADB、AIIBなどがいかに資金調達するかに注目が集まった。米国トランプ政権が同じく巨額のインフラ投資計画を打ち出していることや、中国の「一帯一路」(海と陸のシルクロード)構想などとの調整にも留意すべきだとの意見が出た。(八牧浩行

 



■筆者プロフィール:八牧浩行
1971年時事通信社入社。 編集局経済部記者、ロンドン特派員、経済部長、常務取締役、編集局長等を歴任。この間、財界、大蔵省、日銀キャップを務めたほか、欧州、米国、アフリカ、中東、アジア諸国を取材。英国・サッチャー首相、中国・李鵬首相をはじめ多くの首脳と会見。現在、日中経済文化促進会会長。Record China相談役・主筆。著著に「中国危機ー巨大化するチャイナリスクに備えよ」など。 ジャーナリストとして、取材・執筆・講演等も行っている。

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

5月に北京で初の「一帯一路」サミット開催、保護主義の米トランプ政権に対抗、国際協力訴え中国の影響力拡大目指す

中国が提唱する現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」に関する初の国際首脳会議が5月に北京で開催される。保護主義的な米国のトランプ政権に対抗して国際協力の重要性を訴え、中国の影響力拡大を目指す狙いだ。写真は天安門広場。

Record China
2017年2月12日 10時10分
続きを読む

<躍動!アジアの世紀(1)>低成長・欧米諸国の「内向き化」に、対抗できるか?=アジア蘇生、2050年には世界のGDPの過半占める!

アジアが世界の経済成長センターとして脚光を浴びている。躍動するアジア地域の現状と志向すべき道を探る。アジアは保護主義への防波堤としての役割を果たすことができるだろうか?写真は上海市。

八牧浩行
2017年1月1日 12時10分
続きを読む

ランキング