Record China

ヘッドライン:

サーカス団から逃げ出したサルが信号機の上に!追突事故を引き起こす―中国

配信日時:2017年3月22日(水) 15時40分
拡大
1/3枚
2017年3月17日、騰訊網によると、貴州省遵義市でサーカス団のサルが脱走して信号機の上に登り、気を取られたドライバーが追突事故を起こした。

その他の写真

同市匯川区の武漢路で、黒い乗用車が白い乗用車に追突する事故が発生した。黒い車の男性ドライバーと、白い車の女性ドライバーが何やら話をしている。そして現場にある信号機のバーを見上げると、そこには1匹のサルがいた。

追突された女性ドライバーは「青信号を通過しようとして無意識に上を見たら、信号機のバーにサルがいるのに気が付いたので急にスピードを落とした。そうしたら、車の後部からドンという音が聞こえて車体が揺れたので、追突されたと思った」と語っている。

一方追突した男性ドライバーは「正規の走行をしていたら、思いがけず前の車が突然スピードを落とした。ブレーキが間に合わずにぶつかってしまった」と説明。どうやら、女性ドライバーがサルに気を取られてしまったことが事故の原因になったようだ。

事故は幸い大きくなく、互いにバンパーを破損しただけで済み、両者にケガはなかった模様。当のサルは自分が事故の原因となったことなど知るはずもなく、バーの上でしばらく下を見渡していたが、やがて退屈になったのか道路におり、あっという間にどこかへ行ってしまった。(提供:フライメディア)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。 本日御紹介した「サルが信号機の上に!」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事

小籠包の本場「南翔」は上海市内からも便利なアクセスで週末のプチ観光!梅の花も開花、一足早い春を満喫!

上海で小籠包といえば、豫園の名店「南翔饅頭店」がいつ訪れても行列ができていると有名だが、実は小籠包の本場「南翔」は地下鉄が開通していて上海市内からも気軽にアクセスできる。3月は周辺に位置する「古猗園(こきえん)」の梅の花も見どころ。

フライメディア
2017年3月8日 15時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング