英国の試験でカンニング扱い受けた数万人の留学生、冤罪だった?英政府が調査結果発表へ―英メディア

配信日時:2019年5月2日(木) 8時50分
英国の試験でカンニング扱い受けた数万人の留学生、冤罪だった?
画像ID  556416
29日、環球時報は、英国で実施された英語試験でカンニングをしたとされる数万人の外国人学生について、英国政府が再調査を実施しているとする英メディアの報道を伝えた。写真は中国のカンニング予防啓発ポスター。
2019年4月29日、環球時報は、英国で実施された英語試験でカンニングをしたとされる数万人の外国人学生について、英国政府が再調査を実施しているとする英メディアの報道を伝えた。

記事は、英紙ガーディアンの27日付報道を引用。2014年に英国内務省が「英語試験において約3万4000人にカンニングを行った疑いがある。そのうち1000人余りが国外退去となり、数百人が拘留処分を受けた」と発表したことに対し、多くの学生が冤罪(えんざい)を主張するとともに名誉回復を求めていると紹介。このデータに対して同国会計検査院が調査に乗り出しており、その結果が5月末ないしは6月に発表される予定だという。

同省は「2011年から14年までにTOEICを受験した5万8458人のうち約3万4000人が間違いなくカンニングを行い、2万2600人にカンニングの疑いがあり、カンニングをしていないことが明らかなのは2000人のみ」としている。また、英BBCが14年にTOEICの2会場に隠しカメラを設置して録画したところ、会場内でカンニング行為が存在した証拠がはっきりと映っていたという。

記事は、同省のデータに対して「あまりにもカンニングと判定された人数が多すぎる」との指摘が活動家などから出ており、影響を受けた学生を代表してデータの信ぴょう性に疑問の声を上げてきた労働党議員が「会計検査院による調査の決定を支持する。どうしてこれほど多くの無実の学生がぬれぎぬを着せられたのか、はっきりさせてほしい」と語ったことを伝えている。

同省のデータでカンニング行為があったと判定された学生の中には、中国人留学生も含まれているという。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ali***** | (2019/05/03 00:07)

    数万人の内、何人かは冤罪だろう。 でも、その少数の冤罪被害者のために、大多数の容疑者を野放しにする事は出来ない。 某国の受験生からは、事前に捜査費用を預かっておくべき。 損害賠償の保証金も含めて数十万ドル。  カンニングした奴には当然返さない。 そうすれば、中国人からの迷惑も少しは減るだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ちゅる***** | (2019/05/02 13:51)

    試験において「疑わしきは罰せず」を適用するのは間違いだと思う。 怪しい動作をすることじたいが間違いなのだ。 特定アジアの留学生は特に、ね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/05/02 10:04)

    現代社会において意味のわからない言葉を、スマホで調べることは常識である。果たして自分の頭脳に知識を詰め込むことにどんな意味があるのだろう。電卓を使わず暗算が出来ても、ただ『スゴイねえ』と言われるだけである。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事