Record China

ヘッドライン:

第2回北京−東京フォーラム、東京で開催

配信日時:2006年8月4日(金) 2時55分
拡大
2006年8月3日、「第2回北京−東京フォーラム」が東京都内のホテルで開催された。写真は王毅駐日大使。
(1/2枚)

2006年8月3日午前、「第2回北京−東京フォーラム」が東京都内のホテルで開催された。今回のテーマは“アジアの未来と新しい日中関係”。同フォーラムには王駐日大使や安倍内閣官房長官らも出席。席上、安倍内閣官房長官は日中外交の重要性を強調するとともに、更なる両国関係の強化と共通利益の拡大、そして民間レベルにおける相互理解と交流の増進が大事であると挨拶した。続いて王駐日大使は、一日も早く両国の関係修復改善を望むと述べたあと、首相の靖国神社参拝中止を求めた。

この問題について安部氏は「両国は政治問題を経済関係に影響させてはならない」とし、「直接対話で互いを正しく認識する建設的な議論が必要だ」と強調した。

同フォーラムは言論NPOが中国日報社と北京大学と提携し、日中間における新しい議論の場として2005年に北京でスタートした。今回のフォーラムは日本外務省、中国国務院新聞弁公室、日本中国大使館などの後援を得ている。

その他の写真

ランキング