Record China

ヘッドライン:

日本人は「中国人の犯罪が多い」と偏見を持っているが、在日中国人の犯罪率は低下している―華字紙

配信日時:2017年3月7日(火) 18時0分
拡大
6日、日本新華僑報網は、「日本人が『中国人の犯罪が多い』との偏見を持つ中で、在日中国人の犯罪率は低下している」と報じた。資料写真。

2017年3月6日、日本新華僑報網は、「日本人が『中国人の犯罪が多い』との偏見を持つ中で、在日中国人の犯罪率は低下している」と報じた。

記事は「1990年代より、日本人は『日本の犯罪率が高いのは、大量の外国人が日本にやってきたため。犯罪は主に在日外国人によるもの』という偏見を抱き続けており、その代表格として在日中国人が矢面に立たされてきた。しかし、最近の日本メディアの報道で、中国人が外国人犯罪の主体ではないことが明らかになった」と説明したうえで、日本のテレビ局が先日、在日ベトナム人の犯罪活動について報じたことを紹介した。

この報道は、23歳のベトナム国籍の女が、東京のドラッグストアで口紅などの化粧品100点余りを盗んだ疑いで警察に逮捕されたというもの。報道によれば、日本の化粧品はベトナム国内でも評判がよく、女も自国で販売する目的で盗んだという。

これを受け、記事は「この5年でベトナム人留学生は9倍、研修生は6倍に増えた。人数の増加とともに、犯罪率が高まっている。一方、在日中国人もその数は増え続けているが、犯罪率は年々低下している」と指摘。ある中国人留学生が「先入観に基づいた『中国人犯罪』に対する偏見が正されることを望んでいます」と語ったことも伝えた。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

在日中国人の犯罪が多い?日本人は事実に基づかない偏見を改めよ―日本華字紙

4日、日本新華僑報は記事「在日中国人犯罪に対する偏見、日本社会は改めなければならない」を掲載した。在日外国人犯罪件数の国別1位は中国ではないが、日本社会はいまだに偏見を抱いていると批判している。写真は振り込め詐欺撲滅キャンペーンのメッセージ。

Record China
2017年1月6日 13時10分
続きを読む

日本で過酷な環境におかれる中国人技能実習生たち=「技術移転による国際貢献」は建前、現実は「労働者不足を補う安い労働力」

日本のテレビ東京は最近、日本にいる多くの中国人技能実習生が劣悪な労働環境に置かれ、きつい仕事をさせられ、最低賃金以下の報酬しかもらえないなど不当な扱いを受けており、耐えられずに逃げるケースが続発しているとする特集番組を放送した。

人民網日本語版
2017年2月27日 1時20分
続きを読む

ランキング