Record China

ヘッドライン:

深刻化する中国の墓不足解消のためビル型の墓地建設を提唱=中国ネット「指導者からお先にどうぞ」「植樹葬を考慮したらいい」

配信日時:2017年3月6日(月) 5時50分
拡大
5日、中国メディアの法制晩報が、全国人民代表大会に出席する代表者から、墓不足解消のためビル形式の墓地建設の提案があったと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は中国の墓地。

2017年3月5日、中国メディアの法制晩報が、全国人民代表大会(全人代=国会)の宋心●(●=人偏に「方」)(ソン・シンファン)氏が、墓不足解消のため、ビル形式の墓地の建設を提唱したと伝えた。

記事は、中国の60歳以上の高齢者が人口の16.1%を占める2億2200万人いて、しかも毎年1000万人以上増加していると指摘。高齢化社会に伴い、墓地の需要が急増しており、多くの省では10年以内に現有の墓地は一杯になってしまうという。

この現状を踏まえ宋氏は、「墓地が住宅より高価になるほどますます高くなっており、このため国民にとって埋葬が大きな負担となっている。これは国民に大きな圧力となっており、死ぬに死ねないとまで言われている。しかも(墓地は)土地の浪費にもなっている」と指摘。墓不足解消のため、現在の墓地の形式を改め、ビル形式の墓地にすることを提案した。

具体的には、地下1〜2階、地上5〜7階建てにし、各区画には2人分(夫婦)の墓スペースを確保することで、多くの遺骨を収納すると同時に土地の浪費を防げるという。

これに対し、中国のネットユーザーから、「指導者からお先にどうぞ」「八宝山(革命の烈士や党・政府の指導幹部の墓地がある)から先に試したらいい」などのコメントが寄せられ、多くの支持を得ていた。

また、「土地が高いことが根本原因だろ」との指摘や、「党員幹部の遺灰を海にまくのはだめなのか?」「植樹葬を考慮したらいい」などの提案をするネットユーザーもいた。(翻訳・編集/山中)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

冥界から考える中国の格差=お墓がない貧乏人、豪華なペット墓地まで購入するお金持ち―中国

6日、RFI中国語版は記事「北京市にペット墓地が出現、ネットで賛否両論」を掲載した。今年の清明節で注目を集めたのがペット墓地出現の話題だ。お墓が買えない人がいる一方でペットにまで立派な墓を作る人が出現するという格差の問題が注目を集めた。資料写真。

Record China
2015年4月9日 0時16分
続きを読む

ランキング