Record China

ヘッドライン:

台湾・李登輝元総統の豪邸が近隣土地を不法占拠、一部建築物の取り壊しを裁判所が命令―中国メディア

配信日時:2017年2月26日(日) 20時50分
拡大
25日、中国台湾網は記事「李登輝元総統の豪邸が他者の土地を違法占拠、建設物を解体するよう裁判所が支持=“日本に帰れ”とネットユーザー」を掲載した。建て増しした車庫や庭が本来の所有地を越えて近隣土地を不法占拠していることが明らかとなり、裁判となった。

2017年2月25日、中国台湾網は記事「李登輝元総統の豪邸が他者の土地を違法占拠、建設物を解体するよう裁判所が支持=“日本に帰れ”とネットユーザー」を掲載した。

24日、台湾高等法院は、李登輝元総統が居住する高級住宅地「翠山荘」が近隣の土地を不法占拠している問題について判決を下した。不法占拠部分の建築物を取り壊し更地に戻すよう命じた一審判決に加え、高等法院は該当の土地を近隣住民の所有とするよう命じた。

李登輝元総統は退任後、翠山荘という高級住宅地の一角に居を構えた。同住宅地は40年前に建設されたものだが、建て増しした車庫や庭が本来の所有地を越えて近隣の土地を不法占拠していることが明らかとなり、裁判となった。

この判決のニュースを受け、台湾ネットユーザーの間では「すばらしい」「ぶっ壊せ」「元国家指導者が他人の土地を占拠しているなんてひどい話だ」「日本に戻ればいいのに」など話題となっている。(翻訳・編集/増田聡太郎

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

台湾の蔡英文政権が取り組む「新南向政策」、本土依存から脱却目指す経済戦略、「脱中国」の政治的意図も?

台湾の蔡英文政権が重要な経済戦略の一つに位置付ける「新南向政策」。東南アジア諸国などとの関係を深化し、中国本土依存からの脱却を目指す狙いだが、そこには「脱中国」の政治的な意図もありそうだ。台北中正記念堂

Record China
2017年2月5日 6時20分
続きを読む

「日本人の奴隷になったのは悲しむべきこと」李登輝元総統の発言が波紋呼ぶ―台湾

14日、観察者網は記事「李登輝元総統が主張を一転、日本は外来政権だと主張=九二共識については否定」を掲載した。李元総統は「本当のことを言えば、日本人の奴隷となったのは悲しむべきこと」と発言、注目を集めている。写真は台湾の自由広場。

Record China
2015年9月14日 16時41分
続きを読む

ランキング