Record China

ヘッドライン:

中国の基礎研究経費、増加を維持―中国紙

配信日時:2017年2月27日(月) 6時30分
拡大
中国科学技術部基礎研究局の葉玉江局長は22日、中国の基礎研究経費は2011年の411億8000万元から2015年には73.8%増の716億1000万元に増加したと発表した。資料写真。

中国科学技術部基礎研究局の葉玉江局長は22日、中国の基礎研究経費は2011年の411億8000万元(1元は約16.5円)から2015年には73.8%増の716億1000万元に増加した(年平均増加率は14.8%)と発表した。科技日報が伝えた。

葉局長は「中国は第12次五カ年計画期間(2011−15年)以来、財政性科学技術経費構造の改善を続け、基礎研究経費が持続的に増加した。中央財政は依然として基礎研究経費の主な支出元であり、中央本級財政基礎研究経費は中央本級財政科学技術経費の20%を占める500億4500万元に上る」と説明した。

国際科学技術論文数は世界2位を維持しており、基礎研究の重要分野でトップ集団に入っている。FAST(500メートル口径球面電波望遠鏡)が稼働開始し、大亜湾ニュートリノ実験で新たな振動確率を測定するなど、これらのオリジナルの成果の他に、基礎研究は資源共有・サービスの面でも、同じく大きな成果を手にしている。例えば科学研究施設・計器国家ネットワーク管理プラットフォームの運行により、3100部門の58の重大科学研究インフラと、原価670億元に達する4万7000台(組)の大型科学研究計器が網羅されている。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

世界を驚かせた韓国のロボット技術、韓国で普及しない理由は?=「とにかく駄目な国だ」「頑張る人の足を引っ張るやつが必ずいる」―韓国ネット

13日、韓国メディアによると、昨年スイスで開催された障害者支援ロボット技術など医工学分野の世界一を競う大会で、韓国の大学チームが3位の座を獲得し注目を集めた。資料写真。

Record China
2017年2月18日 5時50分
続きを読む

中国は世界一のスパコン強国、速度は日本の9倍=でも中国ネットは「そんなにすごいのに、なんで俺のパソコンの中はインテルなんだ?」

15日、中国メディアの新華網が、中国は世界一のスーパーコンピューター強国だと伝える記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は神威。

Record China
2017年2月16日 6時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング