Record China

ヘッドライン:

<鉄道>北京と結ぶ高速路線、2010年に着工!―福建省

配信日時:2008年3月12日(水) 9時3分
拡大
11日、「人民日報」が伝えたところによると、北京市と福建省を結ぶ時速300km以上の高速鉄道が2010年に着工されるという。写真は京滬高速鉄道の始発駅となる建設中の北京南駅。
(1/11枚)

2008年3月11日、「人民日報」が伝えたところによると、北京市と福建省を結ぶ時速300km以上の高速鉄道が2010年に着工されるという。京滬高速鉄道(北京―上海間を結ぶ高速鉄道)の安徽省にある蚌埠(ボンブー)駅から分かれ、同省の合肥市をはじめ、黄山市、江西省の上饒(シャンラオ)市、福建省の武夷山市、南平市などを経て、福建省の省都・福州市へと続く路線。

その他の写真

計画は、鉄道省と福建省政府の間で調印された「海峡西岸経済区の新鉄道建設推進に関する会議記録」(注:海峡西岸経済区とは、台湾海峡西岸の経済地区のことで、福建省を主体とした地区を意味する)によって決定された、今後5〜10年の間に同地区に4800kmに及ぶ鉄道ネットワークを建設するという全体計画の中に含まれている。

なお、全体計画には北京市と福建省を結ぶ高速鉄道以外に、将来雲南省昆明市と福建省アモイ市を結ぶ際の中心となる鉄道路線の建設、また浙江省杭州市と広東省広州市を結ぶための重要な構成部分となる路線の改修などの計画があるという。(翻訳・編集/HA)

関連記事

ランキング