札幌のA・ロペス「韓国移籍を後悔、レベルは日本が上」=韓国ネットから反論の声

配信日時:2019年3月23日(土) 16時0分
「韓国移籍を後悔、レベルは日本が上」A・ロペスに韓国で反論の声
画像ID  545601
韓国・スポータルコリアは20日、韓国KリーグFCソウルからJリーグ北海道コンサドーレ札幌に移籍したFWアンデルソン・ロペスが「韓国に行ったことを後悔している」と語ったと報じた。写真は上海上港(中国)対FCソウル(韓国)戦。
韓国・スポータルコリアは2019年3月20日付で、昨季は韓国KリーグFCソウルでプレーし、今季から日本のJリーグ北海道コンサドーレ札幌に所属しているブラジル人FWアンデルソン・ロペスが「韓国に行ったことを後悔している」「日本のほうがレベルが高い」などと語ったと報じた。

A・ロペスは昨季、Kリーグで30試合に出場するも6ゴールを記録するにとどまり、シーズン後半には戦力外となった。しかし今年1月に札幌に移籍してからは、4試合で5ゴールを決める活躍ぶりだという。

記事によると、A・ロペスはブラジル版「ESPN」のインタビューで「韓国は日本と近いので文化や生活も似ていると思ったが全く異なった。正直に言って、移籍は失敗だった。後悔している」と、Kリーグ時代を振り返ったという。「韓国では誰も助けてくれず、歓迎されなかった。でも、日本では僕がストレスを感じないよう、サッカーだけに集中できるよう、さまざまな面で気遣ってくれる。家族も日本での生活に満足している」とも話したという。

その他、KリーグとJリーグを比較し「韓国は基本的に力を要求される。たくさん走ってボールを蹴ることが全てだ。日本は戦術と技術を重視する」と説明し、「韓国より日本のほうがレベルが高い」と評価したという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「レベルが低いのにゴールを決められなかったの?」「レベルの低いKリーグでこそ、もっと活躍できるのでは?」「Jリーグなんて高校生レベルだってことじゃん(笑)」「Jリーグでそれだけ活躍できる選手がわずか1年前、下位圏のチームでも戦力外となった。一体、どんなリーグならレベルが高いんだ?」「ずっと日本でプレーしてなよ。助っ人は実力が物を言う。力がないから戦力外になったんだよ」「中国リーグに行ったら、中国の方がレベルが上だと言い出すだろうね」「韓国は力と体力、日本は技術と戦術。日本のほうがより洗練されたサッカーだというのには同意する。でも、君はチャンスをもらっても全く生かせなかった。それは自分のせいだよ」など反論のコメントが殺到した。(翻訳・編集/麻江)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2019/03/26 09:08)

    まあ、適材適所って事なんだろうね。 環境がその人の真価を引き出せない要因になってるって話はスポーツだけじゃなくてどこにでもある話だよ。 仕事に例えたって、技術職志望の人に営業やらせたってダメだろうし、口だけで理論も信念も備わってない人間に政治を任せたって上手くいくはずがない。 まあ、稀に本人すら気づかなかった才能が環境変化で開花する事もあるけど、基本的には環境に自分を合わせるよりも、自分に合った環境を探す方がいい結果に結びつく。 尤も、昔から逃げ場のない日本人は、環境に自分を合わせる事を強要されてきたし、それに慣れてしまったけどね。 こういう外国人選手に対する気遣いと同じようなことが、日本社会でも広くやれてればいいんだろうけど。環境への強要はニートやら引きこもりやら生み出してる要因の一つにもなってるからね。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事