Record China

ヘッドライン:

なぜ?日本のスキー場で急増する中国人客―中国メディア

配信日時:2017年2月14日(火) 15時20分
拡大
12日、捜狐体育によると、2022年の北京冬季五輪開催決定を契機に中国国内でウインタースポーツの大衆化が進んでおり、日本でスキーを楽しむ中国人観光客が増えているという。写真は北海道のスキー場。

2017年2月12日、捜狐体育によると、2022年の北京冬季五輪開催決定を契機に中国国内でウインタースポーツの大衆化が進んでおり、日本でスキーを楽しむ中国人が増えている。

現在、中国では「冬季五輪が3億人以上をウインタースポーツに導く」と言われ、その一環としてスキーの全国的な普及が大々的に進められている。

スキー愛好者の増加に伴い、日本やスイス、カナダ、米国、北欧、オーストラリアなど、設備の整ったスキー場のある国を訪れる人も増えている。特に地理的な近さ、良質なパウダースノー、温泉資源を持つ日本のスキー場には、近年多くの中国人愛好者が訪れており、各地のスキー場も続々と中国語の案内を出すなど、集客に力を入れている。白馬、志賀高原、ガーラ湯沢や、北海道のスキー場が人気のようだ。

愛好者の80%が初級者という中国のスキー市場は大きな潜在力を秘めている。ある中国企業は日本国内のスキー場と協力して、日本のスキー場や交通、インストラクターなどの情報を提供するスマートフォン向けアプリ「全網滑雪」をリリースした。年内には欧米各国へと協力関係を拡大し、世界のスキー情報を提供するプラットフォームに成長させる計画だという。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「中国人観光客がガイドを暴行」は誤報!フィンランドの現地警察が「真相」語る

ロシア・トゥデイが9日、オーロラツアーに参加した中国人観光客の一行が、オーロラが見られなかったことに腹を立てフィンランド人ガイドに攻撃を加えたと報じた事件について、現地警察が「暴行は加えていない」と証言した。写真はオーロラ。

Record China
2017年2月12日 9時20分
続きを読む

ランキング