中国で相次ぐ「精神日本人」問題、全人代代表から法整備求める声―中国紙

配信日時:2018年3月7日(水) 19時30分
中国で相次ぐ「精神日本人」問題、全人代代表から法整備求める声
画像ID  544425
6日、現代快報によると、中国で開催中の「両会」で「精神日本人」問題に厳しい声が相次いだ。写真は南京大虐殺記念館。
2018年3月6日、現代快報によると、中国で開催中の「両会」(全国人民代表大会・全国政治協商会議)で「精神日本人(精日)」問題に厳しい声が相次いだ。

「精神日本人」とは「自分は中国人だが精神的には日本人」と考える人々を指す言葉で、オンライン百科事典・百度百科は「極端な人には自分が属する民族を恨んで日本を崇拝、自身が中国人であることを恥じる特徴も見られる」と説明している。

中国では先月、日中戦争の戦場跡で旧日本軍に扮した写真をネットに投稿した男性2人が15日間の行政拘留処分になったのに続き、「南京大虐殺の死者はたったの30万人。少なすぎた」と投稿した男性が同じく5日間の処分を受けるという問題が起きた。

記事は「精日分子は民族にとって超えてはならない一線に繰り返し戦いを挑んでくる」と指摘し、一連の出来事が両会出席者の注意を引いていると説明。このうち、「精日分子、精日思潮は民族感情に対する重大な挑戦」と話す全人代代表の熊思東(シオン・スードン)氏は「15日間の行政拘留処分と道徳上の非難だけでは足りない」として早急の法整備による「民族感情保護」の必要性に言及、他の出席者からも教育の見直しなどを呼び掛ける声が上がったという。(翻訳・編集/野谷
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Bam***** | (2018/03/13 10:27)

    日米安保条約改定の時に、共産思想の浸透を、「間接侵略」と言われていたのを思い出した。 日本の思想(思考)が中国国民の頭の中に入り込むならば、正しく日本思想(思考)による「間接侵略」です。中国共産党の皆さん、もっと、もっと注意しなきゃー・・・・。 
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ロビタ***** | (2018/03/10 01:30)

    中国政府はまたとんでもない勘違いをしでかすのか 近年中国政府は日本を読み間違える事が多い 中国人を日本人が見下して居るとか、それは大きな勘違いだ日本企業がこぞって中国に企業の工場を立ち上げたのは、中国人の仕事が素晴らしいからだ。 他の国みたいに人件費が安いからだけではない。 何故なら日本の企業が、中国の方に日本人向けに作る製品はとても良い仕上がりだ。 ただ問題なのは日本人と中国人では肉付きが違うから中国人向けに作った服は日本人には着れないだけ。 それを勘違いして日本人は中国の服を買わないと訳すがそれは違う。 「精神日本人」とは中国政府は、中国人を見下した日本人の素晴らしい生き方と訳すが、戦後日本は中国の精神を身に着けようと努力した賜物 つまり古き良き中国を日本人から感じて居るだけの話。 【日本人は中国を古文や漢文から中国人の生き方を学んでいる】 これこそが日中友好の証なのではないか。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ぷっぷ***** | (2018/03/08 10:48)

    >「精神日本人」 精神半島人よりまし。 ※前のコメが消された  精神○鮮人よりまし。  
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事