Record China

ヘッドライン:

米国のインド太平洋戦略は失敗する可能性が高い―香港メディア

配信日時:2020年8月26日(水) 6時30分
拡大
香港英字メディアのアジア・タイムズは、米国のインド太平洋戦略は失敗する可能性が高いとの記事を掲載した。写真は米国議会議事堂。

香港英字メディアのアジア・タイムズは、米国のインド太平洋戦略は失敗する可能性が高いとの記事を掲載した。22日付で環球時報が取り上げた。

アジア・タイムズは、トランプ政権発足後、米国がアジア太平洋地域を拡大してインド洋を含めるようになり、「太平洋軍司令部」を「インド太平洋軍司令部」に名称変更したことを挙げ、このことが4カ国関係(日米豪印)を復活させるものとなったとした。だが、「米国のインド太平洋戦略は失敗する可能性が高い」と指摘。その主な理由は「米国を含むそのメンバーの国家利益に反しているから」だとした。記事は「日米豪印は中国の主要な貿易相手国であり、それぞれの国の経済成長には中国市場の成長と維持が非常に重要だ」と指摘している。

その上で、「トランプ大統領は対中貿易戦争をしかけ、消費者価格を上昇させ、農民を破産させ、貧困を増やしている」とし、「トランプ大統領が徴収する関税の多くは米国企業の中国商品で、このような中で4カ国関係を復活させることは、新型コロナウイルスの感染者とその死者が増加している米国にとって致命的な影響になる」と論じた。また、「中国の科学技術企業を締め出そうとしていることは、利潤が大きい中国市場から米企業が締め出されるのではないかとの懸念を呼んでいる」とも説明。「経済と科学技術の面で中国を攻撃することは、米国の利益を損ねている」とした。

さらに、「日豪印は、脅威があるような気がするというだけで経済や安全面でのリスクを冒し、米国に追従する必要があるのだろうかと感じている」とも指摘。「実際のところ中国はこれら4カ国のどの国に対しても軍事攻撃の意図を示してはおらず、東シナ海、南シナ海、ヒマラヤの領土問題において中国は決して悪者ではないことに気が付くはずだ」と主張した。

その上で、オーストラリアは中国との貿易や中国人留学生、旅行客を止められたら窮地に立たされること、少子高齢化が進む日本では中国市場の重要性がますます高まっていること、経済規模が比較的小さなインドが4カ国関係に加わるのは合理的ではなく、巨額の資金を投入して武器を購入し中国に対抗する力はないことを挙げ、「米国のインド太平洋戦略は失敗に終わるだろう」と結論付けた。(翻訳・編集/山中)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング