Record China

ヘッドライン:

<コラム>親分と子分・手下 中国と朝鮮

配信日時:2020年5月5日(火) 21時10分
拡大
韓国の中国との関係は、アメリカの力が落ちつつあるいま、ますます強くなると思われる。地続きだけに、独立したポジションを取る日本とは違った圧力がある。写真は中国の習近平国家主席が訪れたソウル大学図書館。

藤原正彦さんが、月刊文藝春秋のコラムで、韓国について述べていた。要旨は「長い歴史の中で、冊封体制の中に組み込まれていた韓国は、中国の第一の子分であった(小中華)。ところが、日本が急速に成長して、中国と互角に渡り合うようになる。すると第一の子分は中国からも軽く扱われ、他の子分からも軽視されることになる。それが、日本憎しにつながる」という内容だ。

因みに冊封体制とは、冊書「皇帝の命令書の一種を以て封爵を授けること。漢代に始まる」[広辞苑第7版]をもって、朝貢してきた国を、子分にする中国と周辺諸国の関係だ。日本は、歴史上、これには入っていないと言うより、入れてもらっていない。足利義満の時に「日本国王」という称号をもらっているが、これは単なる貿易上の便利さと、義満の飾り称号である。

入れてもらえないのは、このコラム欄でも触れたが、確かに我が国は、朝鮮半島の先の「海中」の島国である。中国から見れば、命がけで海を渡らねば、たどり着けない野蛮人の国「倭国」は、ほとんど無視できる存在である。

韓国(朝鮮・以下同じ)から日本を見ても、中国から朝鮮半島を経て、海の中の対馬、そして九州へ行く、中国にも見捨てられている野蛮人の国である。

中国は朝貢して欲しいとも思わないし、子分にしようとも思わない。中国の第一の子分である韓国にとっても、ベトナムなど中国周辺の第二、第三…の子分よりはるかに下、どころか眼中にもない日本である。

さて、無視されていた我が国のことは置いておく。その韓国の中国との関係は、「子分と親分」、時にはいじめられっ子にいじめっ子である。これが2000年以上続いていたから、複雑なことはこの上ない。

「ふーん、中国みたいだな」

例えば、韓国の時代劇をチラリと見て、その服装のイメージが中国を思い出させるのに驚いた。なにせ巨大な中国には逆らえない。これはよくわかる。氏名まで中国風に、となった時代もある。

新型コロナの時は、韓国からの入国を制限した日本には、すぐ報復処置みたいな「日本からの入国制限」をした。ところが、それ以前に韓国からの入国制限をしていた中国には何も行動していない。注目すべきは、その他の多くの国に対しても報復みたいなことはしていないのに、「日本だけ」特別扱いである。「あーあ」と少々、子どもじみた対応にうんざりして、溜息がポトリと落ちた。足で蹴飛ばしたが、単なる防疫処置である。

また脱線しつつある。元に戻って、中国と韓国の関係だ。ふと「貫頭衣だったな…」と思い出した。笑ってしまった。「貫頭衣」は布の真ん中に穴を開けて頭を出し、腰を縛る原始時代のスタイルだ。これに近いものが、日本では厩戸皇子(聖徳太子)から大化改新に至って、ほぼ漢服に替わる。ただ、遣唐使廃止以後は独特の形態になる。江戸時代になると、チョンマゲから、武士・町人まで中国とは全く別物の服装になる。

それに比して、韓国の韓服は、918年から1392年の高麗時代から、それに続き李氏朝鮮時代(1897年まで)、中国への朝貢・冊封関係により、元王朝・明王朝の漢服を模倣していた。約1000年間である。

また韓国では、15世紀半ばまで、固有の文字を持たず、知識層は漢字を使用していた。我が国、日本が6世紀頃から万葉仮名を用い、やがて、ひらがな・カタカナの使用に至るのと比べると、韓国が政治・経済・文化、総ての面で中国に縛られていたことがよくわかる。

そこにハングルが「日本のひらがな」のように現れる。「漢字+ハングル」であれば、日本の「漢字+ひらがな+カタカナ」だが、これをやめてしまう。日本に併合されていた時代に和製漢語が多用されたために、第二次大戦後、反日の観点から漢字の使用をやめた。(和製漢語-明治時代以後近代化を進めた日本は、欧米文明の用語を漢字熟語などに置き換えていった。)

因みに韓国でも10万部を超え、日本でも40万部を超えた、韓国人の複数の学者による『反日種族主義』を読むと、反日の観点がよくわかる。※『反日種族主義』の単行本は読むのに骨が折れた。今年の4月に出た『反日種族主義と日本人』(文春新書)で、私には単行本の内容と歴史的流れがよく判った。副読本とあるから、興味ある方は図書館で借りるなどして読まれるといいだろう。申し訳ないことだが、団塊の世代の私など、まったく隣国のことを知らなかった。客観性のある「正見」で、相手を学び、将来の基盤としたいものだ。

さて、続ける。簡単に誤解を恐れずに言うと、「長い歴史の悪い点を総て日本の韓国併合に押し込めて起こったことにして」「悪いことは総て日本のせいと針小棒大化して」「なかったことまであったことにして」「教育でも徹底してそれを教え」、中国から見下され、日本に負けたことへの溜飲を下げた、のである。

因みに、韓国併合はいわゆる植民地支配とは異なる。但し、根底の意識の流れとしては日韓ともに支配者・被支配者という感情を持つだろう。この点は「台湾」と著しく異なるが、その因についてはまた勉強したい。

ともあれ韓国には、2千年来の冊封体制、中国からの離脱という意識が、強く根底に潜んでいた。中国の漢字、ハングルの使用・中止、そして近代からは日本の影響と、韓国は文字においてだけでなく複雑な東アジア関係の中に陥ってしまう。

「韓国起源説」といって、まあ手当たり次第と言っていいほど「起源は韓国だ」というのは有名だ。「日本語は韓国起源」というのもある。その学術的根拠はないに等しいが、このあたりにも、「頭の上がらない中国」への卑下。「倭人と見下していたのにいつの間にか自国を侵略し」「戦後は先進国になって世界から期待される日本」への嫉妬心がみてとれる。

韓国は近々20年ほどで、ソウルなどは近代都市に生まれ変わった。高層ビルが建ち並び、田舎はまだ少し遅れているとは言え、自信をつけた。だが、同じく高度成長する巨大な龍、中国には屈服するしかない。韓国は、アジアの小竜(香港、シンガポール、韓国及び台湾)4カ国の一つである。だが、成功を誇示すればするほど、背後の闇が忍び寄る恐怖がある。

韓国の統計庁によると、総人口は早ければ2019年の5165万人をピークに減少に転じる。高齢者の割合も2065年に46%に達し、日本を抜いてOECD(経済協力開発機構)のなかで首位になる。

無論、我が国は既に首位である。いま実質的な移民政策に舵を切りつつある。高齢者や女性の社会進出も計画されている。そういったことが韓国にも背後から忍び寄っている。

さらに北朝鮮という不安定要因もある。もし、韓国の政治経済体制で統一されても、人口は増加するものの、その凄まじい貧困層の圧力は、ピークを過ぎつつある韓国には重荷である。

「なるほど、韓国の立場で見ると、何もかも日本に押しつけたくなるわなあ」

「不安なんだ」

「日本は、いままさに、経済の停滞などそうなんだけれど、なんとなく落ち着いているなあ」

「国民性だろう」

「流れる水の如く、みんなで我慢して頑張ろうか…」

「そう。少なくともナッツ姫みたいなことは極めて少ないしね」

と、おもう。

韓国の中国との関係は、アメリカの力が落ちつつあるいま、ますます強くなると思われる。地続きだけに、独立したポジションを取る日本とは違った圧力がある。もちろん、中国もまた少子化・高齢化は目の前だ。新型コロナウイルスの蔓延が、中国の急激な世界進出に対しての、見直しにつながるかも知れない。韓国は、困難な地理的位置にあるが、そろそろ心理的には中国から離脱し、客観的な世界観の中で飛び立つ必要があるのかも知れない。

※お詫び-前回、前々回で、文脈が読み取れなかったり、助詞の間違いがありました。校正はコラムニストの責任です。申し訳ありません。

■筆者プロフィール:石川希理
1947年神戸市生まれ。団塊世代の高齢者。板宿小学校・飛松中学校・星陵高校・神戸学院大学・仏教大学卒。同窓生いるかな?小説・童話の創作と、仏教の勉強と瞑想を10年ほど。明石市と西脇市の文芸祭り選者。児童文学のアンソロジー単行本、小説の自家版文庫本など。

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング