Record China

ヘッドライン:

「柏原崇の代わりはいない」「恥知らずにもほどがある」とファン怒り、岩井俊二監督「Love Letter」を中国でリメーク―中国メディア

配信日時:2017年2月10日(金) 12時20分
拡大
1/2枚
2017年2月9日、岩井俊二監督の名作映画「Love Letter」が中国でリメークされることになり、ファンからは怒りと悲しみの声が上がっている。

その他の写真

中国の映画情報サイト「時光網」によると、1995年に公開された岩井俊二監督の「Love Letter」が、大手制作会社・新原野娯楽伝媒有限公司(Dreams of the dragon pictures)の手でリメークされることが明らかに。関係者によるとフジテレビから版権を取得し、すでに脚本の制作にかかっているが、キャスティングについては未定だという。

新たな作品に「中国的な要素」を取り入れるのかについて同関係者は、「リメークにあたって最も考えるべきなのは、ストーリーが深く観客に受け入れられるかどうか。中国的な要素を加えるか否かではない」と語っている。

岩井俊二監督は中国でも非常に人気が高く、ファンのほとんどが「Love Letter」をきっかけにしている。それだけにリメークの報道を聞きつけたファンからは、「作品への侮辱だ」「勝手に作れば?どうせ見ないし」「恥知らずにもほどがある」などと、怒りと悲しみの声が上がっている。

台湾でも多くの人の青春の思い出になっている「Love Letter」だけに、日刊紙・聯合報など主要メディアもいち早くこのニュースを報道。台湾のネットユーザーも、「カッシー(俳優・柏原崇)の代わりはいない」「誰か早く止めてくれ!」などと、同じように不満を訴えている。(翻訳・編集/Mathilda
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

いつまで続く「ありがとう台湾」の声、岩井俊二監督「国同士の助け合い」尊さ語る―台湾

14日、東日本大震災で台湾から巨額寄付を受けたことで、「ありがとう台湾」の言葉が日本人から今も聞かれることについて、岩井俊二監督が「国同士の助け合い」の思いの深さを語った。写真は東日本大震災発生直後に開かれた台湾のチャリティーイベント。

Record China
2016年3月15日 11時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング