「日本人にもう一度南京で虐殺させよ」、ネットに書き込んだ男を拘束―中国

Record China    2018年3月12日(月) 12時0分

拡大

11日、観察者網は、ネット上で「日本人にもう一度南京で虐殺させよ」と発言した男が、江蘇省南京市の警察当局に拘束されたと伝えた。写真は南京大虐殺記念館。

2018年3月11日、観察者網は、ネット上で「日本人にもう一度南京で虐殺させよ」と発言した男が江蘇省南京市の警察当局に拘束されたと伝えた。

同市公安局の微博アカウント「平安南京」は11日、「8日午後4時ごろ、南京に職探しに来ていた山東省済寧市出身の27歳の男が、求人案件の給料が低いことに腹を立て、微信のコミュニティ内で『南京は最低だ。日本人にもう一度虐殺されるべき』と発言した。発言は拡散し、極めて悪質な影響を及ぼした。10日、南京市公安局玄武分局は男を刑事拘留した」と発表した。記事によると、男は以前、強姦罪で有罪判決を受けたことがあるという。

また同アカウントは、南京市公安局鼓楼分局が9日に35歳の男に刑事拘留を科したことを併せて伝えた。この男は、オンライン投資サイト「銭宝網」が不法な資金集めをしていたとして公安当局から取り締まりを受けたことに腹を立て、メッセンジャーアプリ「QQ」のコミュニティ内で「トラックで国家機関に突っ込み、人質を取れ」などと扇動していたという。

同市公安局は「ネット社会はすでに現実社会に溶け込んでおり、ネット上での違法行為は現実の生活や社会に危害を及ぼしうる。公安機関はこれまで通り、情報ネットワークを利用して公共秩序を乱す違法犯罪行為に対して厳しく取り締まりを行う」とコメントしている。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携