Record China

ヘッドライン:

比国防相、中国がアメリカの「レッドライン」越えてスカボロー礁埋め立てると確信「容認できない」―香港紙

配信日時:2017年2月8日(水) 15時20分
拡大
7日、フィリピンのロレンザーナ国防相は、南シナ海で中国とフィリピンが領有権をめぐって対立するスカボロー礁(中国名:黄岩島)について、中国が最終的に埋め立てることになるだろうとの認識を示し「容認できない」と述べた。資料写真。

2017年2月7日、フィリピンのロレンザーナ国防相は、南シナ海で中国とフィリピンが領有権をめぐって対立するスカボロー礁(中国名:黄岩島)について、中国が最終的に埋め立てることになるだろうとの認識を示し「容認できない」と述べた。香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストが伝えた。

ロレンザーナ国防相は、フィリピンのルソン島からわずか230キロしか離れていないスカボロー礁について「中国は、ワシントンのレッドライン(許容できない一線)を越えて最終的に埋め立てることになると信じている」と語った。

中国は南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島のいくつかの岩礁を埋め立て、その中にいくつかの軍事施設を設置している。

フィリピンが排他的経済水域(EEZ)の自国領土と主張するスカボロー礁周辺は漁業資源が豊富で中国やフィリピンの漁場になっている。だが2012年に両国の公船がにらみ合う事態が起きフィリピンが撤退している。

ロレンザーナ国防相は2012年の対立について「フィリピンの船はスカボローから追い立てられ、侵略された」とし「中国はスカボローを獲得しようとしている。私たちには受け入れられない。中国による埋め立ては南シナ海の支配を確保することを意図している」と述べた。(翻訳・編集/柳川)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

フィリピン国防相、中国人工島の軍事化は「非常に厄介」=中国反発「自国の領土に防衛施設を配置する権利ある」

17日、中国外交部の華春瑩報道官は、フィリピンのロレンザーナ国防相が、領有権争いが続く南シナ海での中国による人工島の軍事拠点化に懸念を示したことについて、「中国には主権を有する領土上に必要で適切な防衛施設を配置する権利がある」と反発した。資料写真。

Record China
2017年1月18日 10時20分
続きを読む

<南シナ海問題>「全面勝訴」でも比新政権は及び腰気味、中国猛反発、解決のめど全くたたず

南シナ海をめぐり、常設仲裁裁判所は中国の領有権主張を否定するフィリピンの言い分を全面的に認めた。それにもかかわらず、比政府は及び腰気味。中国が判決を受け入れるはずもなく、問題解決のめどは全く立たないままだ。資料写真。

Record China
2016年7月17日 7時10分
続きを読む

ランキング