Record China

ヘッドライン:

韓国製ヘリ“スリオン”、部品の欠陥でまた運航停止に=「国産兵器はでたらめの詰め合わせ」「使えるのは拡声器しかない」―韓国ネット

配信日時:2017年2月4日(土) 20時0分
拡大
3日、韓国・マネートゥデイによると、韓国製ヘリコプター「スリオン」(KUH−1)が、部品の欠陥で全面運航停止となった。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。

2017年2月3日、韓国・マネートゥデイによると、韓国製ヘリコプター「スリオン」(KUH−1)が、部品の欠陥で全面運航停止となった。

防衛事業庁は3日、「今年1月16日、陸軍航空学校で『スリオン』14号機の検査を行った結果、メーンロータのアクチュエータ接続部品に7cm程度の亀裂が認められた」と明らかにした。これにより、現在運用中のすべての「スリオン」は運行停止となっている。異常が発見されたメーンロータのアクチュエータは、主回転翼を作動させるために必要な部品でヘリコプターの核心部品といえる。「スリオン」は昨年7月にもエンジンとローターシステム(羽根の回転部)を接続するギアボックスに問題が発生したため、運航を停止して部品を交換していた。

度重なる故障に、「防衛産業不正のつけが表れた」「国産兵器はでたらめの詰め合わせ」「こんな状態でも高性能って言ってたよな」「やっぱりゴミだった」など、自国製兵器への否定的な意見が多く寄せられた。中には、「膨大なお金をかけて造った兵器で使えるのは拡声器(38度線に設置した北朝鮮向け放送用)しかない」と現状を揶揄する声もあった。(翻訳・編集/三田)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国軍自慢の国産ヘリ、寒いと戦えないことが判明=韓国ネット「失敗がなければ発展もない」「毛布をかけてあげれば問題解決」

22日、韓国軍が「国産の名品武器」と宣伝してきた機動ヘリコプター「スリオン」が、氷点下数十度の環境で正常運用が可能かどうかを検証するテストを通過できず、軍への納品が中断されていたことが分かった。写真はスリオンの模型。

Record China
2016年9月26日 8時20分
続きを読む

韓国型機動ヘリ「スリオン」にまた問題、今度はディスプレイ装置に異常=韓国ネット「いつも修理をしている」「世界で韓国製品不買運動が始まりそう」

8日、韓国メディアによると、韓国型機動ヘリ「スリオン」の機体に亀裂が見つかったことに続き、機長のヘルメットに装着するディスプレイ機器にも問題が発生したことが確認された。これについて、韓国のネットユーザーからは怒りや不安の声が寄せられた。資料写真。

Record China
2016年6月9日 6時30分
続きを読む

韓国陸軍に世界最強の攻撃ヘリ、米国から36機の引き渡しが完了=「韓国でも造ることができる」「防衛産業不正がなければもっと買えた」―韓国ネット

9日、韓国・ニューシスによると、現存する世界最強の攻撃ヘリコプターと呼ばれるアパッチ・ガーディアン36機全数が米ボーイング社より韓国陸軍に引き渡された。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。

Record China
2017年1月11日 14時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング