Record China

ヘッドライン:

春節はめでたいが大気汚染が…、環境当局、爆竹自粛を呼び掛け―中国紙

配信日時:2017年1月27日(金) 11時10分
拡大
26日、中国環境保護部環境監測司は過去の春節シーズンの大気汚染データを公表し、この時期の爆竹、花火使用を控えるよう呼び掛けた。写真は爆竹。

2017年1月26日、中国環境保護部環境監測司は過去の春節(旧正月)シーズンの大気汚染データを公表し、この時期の爆竹、花火使用を控えるよう呼び掛けた。新京報が伝えた。

環境監測司の責任者がこの日公表したのは、2014年から16年までの全国74都市のデータだ。PM2.5の1時間当たりの濃度が高い上位10都市でこの数値がピークを迎えるのは大みそかから元日の早朝、財神が降臨するとされる旧正月5日目などにほぼ集中、大気汚染の原因は花火や爆竹という。

データによると、首都・北京は15年、16年いずれも上位10位に入っており、15年は1立方メートル当たり413マイクログラム(8位)、16年は699マイクログラム(4位)だった。また、過去3年間で最も高い数値となったのは内モンゴル自治区フフホト(呼和浩特)市の957マイクログラム。観測されたのは2016年の大みそかから元日にかけてだった。

なお、今年の春節は今月28日で、27日が大みそかとなる。(翻訳・編集/野谷

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

朴大統領は環境にも優しくない?世界と逆に進む韓国の気候変動対応=韓国ネット「サバをなくす努力はした」「大気汚染を日本にまで広げよう」

4日、韓国メディアは、韓国・朴槿恵政権の気候変動への対応が世界最下位圏を記録し、世界的な問題である気候変動の危険に積極的に対応する国際社会の動きとは反対に進んでいると指摘した。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真はソウル。

Record China
2017年1月10日 10時40分
続きを読む

ランキング