韓国、豪雨で巨大な“ごみの島”が出現=韓国ネット「反省します」

配信日時:2018年9月5日(水) 11時40分
韓国、豪雨で巨大な“ごみの島”が出現=韓国ネット「反省します」
画像ID  542711
4日、韓国・京郷新聞は、先月の記録的豪雨により韓国各地のダムや湖に「ごみの島」が出現したと報じた。写真は漢江。
2018年9月4日、韓国・京郷新聞は、先月の記録的豪雨により韓国各地のダムや湖に「ごみの島」が出現したと報じた。

記事によると、先月25日からの豪雨では、忠清北道にあるデチョンダムやチュンジュダムなど全国の主要ダム周辺に漂う浮遊物の量が急増した。また調査の結果、漢江では1万7000立方メートル、洛東江では8433立方メートル、錦江・栄山江・蟾津江では2万1700立方メートルが浮遊しているものと確認された。今年7月の梅雨に回収された1万7000立方メートルを加えると、約6万7000立方メートルの規模。2013~17年は平均4万1250立法メートルだったが、今年はその1.6倍が流れてきたという。

浮遊物の80%以上は草と木、残りはビン、プラスチック、発泡スチロールなどのごみで、中にはタンスやテレビ、冷蔵庫など家電製品も発見されたという。

浮遊物は作業員らが船に乗って網で回収し、一つ一つ湖畔に引っ張り出したり、掘削機でくみ出す。その後、種類別に分離し、草は農作物の堆肥に、木は周辺住民の燃料やおがくずとして活用、生活ごみは廃棄物処理場で処理する。この作業には46億ウォン(約4億6000万円)もの費用がかかるという。

これを受け、韓国のネットユーザーからは「自分を振り返ってみよう。たばこのポイ捨てはしてない?ごみ箱がないからってごみを道端に捨ててない?」「外出したらごみを持ち帰るようにしよう!大人がなってないから子どもがまねするし、市民意識がだんだん駄目になってきてる。自然が掃除して集めてくれたんだね。ありがとう、そして反省します」など、「ごみのマナー」を指摘するコメントが続出している。

一方、政府に対し「こういうことに使う税金は全くもったいなくない。むしろ安いと感じるくらい。でも70兆ウォン(約7兆円)を超える雇用創出や、23兆ウォン(約2兆3000億円)の原発受注は問題。あと北朝鮮に払った数十兆ウォン(数兆円)もね」「国会や大統領府にもごみが多いから、一緒に片づけて」など非難するコメントも寄せられた。(翻訳・編集/松村)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事