米国人から見た日本と中国=日本がアジアの英国なら中国は?―中国コラム

配信日時:2018年6月16日(土) 18時30分
米国人から見た日本と中国=日本がアジアの英国なら中国は?
画像ID  542341
中国のポータルサイト・新浪は6月14日、「日本がアジアの英国なら、フランスは欧州の中国か?」と題したコラムを掲載した。写真はフランス・パリ。
中国のポータルサイト・新浪は6月14日、「日本がアジアの英国なら、フランスは欧州の中国か?」と題したコラムを掲載した。以下はその概要。

海外のネットでは、米国人が日本を「アジアの英国」と呼ぶ傾向がある。確かに日本と英国は同じ島国で、アジアと欧州の中ではそれぞれ工業化が最も進んだ国である。一方で、フランスを「欧州の中国」と呼ぶ米国人も少なくない。これについて、筆者はSNSを通じて中国に住む米国人に問いかけた。

欧米人からすると、フランスは中国の縮小版とのこと。フランスは欧州の重要にして強大な国であり、中国も長い歴史の中で長い間、東洋最強の国だった。フランス料理と中国料理が世界で知られていることや、文化や芸術分野において悠久の歴史を持っているという共通点がある。

一方で、違った意見を述べる米国人もいた。「ロシアの規模、イタリアの歴史に加え、フランスの現代における文化的な影響力を足してやっと『欧州の中国』と言える。日本についていえば、『アジアのドイツ』といった方が適切な気がする」という内容だ。(翻訳・編集/内山
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事