<続報><飛び込み女王暴言>“初犯”じゃないから慣れたもの?批判の嵐にも「わたしは平気」―中国

配信日時:2008年2月27日(水) 21時14分
<続報><飛び込み女王暴言>“初犯”じゃないから慣れたもの?批判の嵐にも「わたしは平気」―中国
画像ID  111337
23日に行われた第16回飛び込みワールドカップ後の記者会見で、傍若無人な態度や発言が問題になった「女王」郭晶晶選手。その傲慢発言は、実はこれが初めてではないという。吹きすさぶ逆風に、周囲には「私は平気」と言い放っているというが…。写真は郭選手。
2008年2月26日、同月23日に行われた第16回飛び込みワールドカップ後の記者会見で、「女王」郭晶晶(グオ・チンチン)選手の態度や発言が問題になった事件を受けて、「彼女の傲慢発言はこれが初めてではない」との報道が飛び出した。広州日報が伝えた。

その他の写真

23日の試合で銀メダルという不本意な結果に甘んじたアテネ五輪金メダリストの郭選手は、試合後の記者会見の席上で終始不機嫌な態度。しまいには自身のライバルを「カナダのデブ(ブライズ・ハートリーのこと)」呼ばわりするなど、傍若無人な態度で記者たちをあ然とさせた。

しかし、彼女のメディアに対する傲慢発言は、これが初めてではない。05年に行われた第10回全国運動会予選の記者会見でも、「そんな質問に答える必要はない」「(記者に対し)あなたはスポーツというものが分かっているのか」などと暴言を連発。女王らしからぬ発言で会場を凍りつかせた。

国内で批判の嵐となっている状況下、郭選手は過去にも経験した逆境に慣れているのか、今回の件に対して周囲に「わたしは平気」といたって毅然と言い放ったという。郭選手の友人はメディアに対し、「マスコミに対して沈黙を保つのが、今の彼女にとって最良の選択」と語っている。ナショナルチームのマネージャー・周継紅(ジョウ・ジーホン)氏は「郭選手はまだ若いし、いつでも完璧というわけにはいかない。もともと、今回の取材には応じたくなかったというのが本音」と漏らした。(翻訳・編集/愛玉)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事