Record China

ヘッドライン:

ハイテク!北京西駅、顔認証改札口を導入―中国メディア

配信日時:2017年1月20日(金) 15時0分
拡大
北京西駅の一部では昨年12月から、セルフ改札口が導入され、旅客は切符と身分証で顔認証マシンのチェックを受け、駅構内に入ることができるようになっている。写真は北京西駅で顔認証により改札口を通過する旅客の様子(1月17日撮影)。
(1/5枚)

北京西駅の一部では昨年12月から、セルフ改札口が導入され、旅客は切符と身分証で顔認証マシンのチェックを受け、駅構内に入ることができるようになっている。

その他の写真

同システムは改札口の効率を高め、2017年の春運(春節<旧正月>の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制、17年の春節は1月28日)をサポートする。新華網が伝えた。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

これから年末を迎える中国、のべ30億人の大移動が予測されている「春運」スタート!

中国は旧暦の正月(春節)を祝うので、これから新年を迎える。今はちょうど年末にあたる。春節は中国最大のイベントで、名物ともなっている「春運」とよばれる民族移動がある。近年話題となっている日本での「曝買い」ツアー客が最も集中する期間でもある。

フライメディア
2017年1月17日 14時40分
続きを読む

ランキング